サーチュイン遺伝子と、トマトシチュー+サーモンのシーザーサラダ=1013.8kcal

サーチュイン遺伝子と、トマトシチュー+サーモンのシーザーサラダ=1013.8kcal

今日はホワイトデイですね!
いいお天気になるようです。
ホワイトデイディナーに誘ってもらったんだけれど、
生憎、マンションの会議で行けないんです。
さいあくぅ~~
楽しいディナーの代わりに、
マンションのやっかい者オヤジのお相手するなんて
超ユーウツです!

昨日は、ピラティスと、ZUMBA♪と、アクアビクス 
平泳ぎ500mと、クロール50m、お風呂2時間 
ちょっとお久しぶりで、ちょっぴりハードでした!

昨日の晩御飯は、トマトシチュー 
001.JPG
シチュー:牛肉、ニンニク、トマト、じゃがいも、玉ねぎ、人参、
ミックスビーンズ、しめじ、ローズマリー、バジル、パセリ
マーガリン、オリーブオイル、白ワイン、はちみつ
サラダ:サニーレタス、レッドオニオン、きゅうり、水菜、
セロリ、サーモン、ディフェ、シーザーサラダドレッシング
ごはん(マンナン入り)、いかなご釘煮、キムチ、お茶 
以上で、1013.8kcal
やっぱりちょっと目標カロリーオーバーしちゃいました!

ところで、セブンニュースによると、「空腹が人を健康にする」という。
『1日1食で “長寿遺伝子”とも呼ばれるサーチュイン遺伝子が活性化する.
“長寿遺伝子”“若返り遺伝子”とも呼ばれる「サーチュイン遺伝子」の研究が進んでいる。

サルを対象に行った調査により、“腹ペコ”を保つと活性化することが判明したこのサーチュイン遺伝子の効果は まだ人間では立証されていないものの、「空腹で若返る」というテーマは、アンチエイジングの分野で高い注目を浴びている。

1月18日に発売された『「空腹」が人を健康にする』(サンマーク出版)が発売1か月余りで20万部のベストセラーとなっている。
著者の南雲吉則・ナグモクリニック総院長は、30代の頃、暴飲暴食で77kgまで太ったが、
さまざまなダイエット法を試しながら「1日1食」に辿り着いた。

食事は夕食だけ。その代わりその1食は好きなものを食べることにした。

腹ペコ生活を始めたところ、体重は62kgをキープし、56歳とは思えない若々しさを保っている。
人間ドックで血管年齢は26歳、骨年齢は28歳と判定されたという。

南雲氏も、空腹の効果について、第一に「サーチュイン遺伝子」の活性化を挙げる。
加えて、成長ホルモンにも注目すべきだという。更年期医学を専門とする金沢大学大学院医学系研究科の小池浩司・准教授が解説する。

「成長ホルモンは“若返りホルモン”といわれ、歳をとると減っていくものですが、
飢餓の状態になると成長ホルモンの分泌が増え、体全体にいい影響を与えることがわかっています。

飢餓が行き過ぎると逆効果になるので注意が必要ですが、適度な摂取カロリーの制限が
アンチエイジングにつながるというのは、すでに研究者の間で共通認識となっています」

空腹になってお腹がグーッと鳴ると、その瞬間、消化管からグレリンというペプチドホルモンが分泌され、
それが下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を強力に刺激する。

成長ホルモンは、細胞分裂を活発化させて骨や筋肉の成長を促すだけでなく、体脂肪の燃焼を促進するのである。』という。

1日1食はつらいなぁ……。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索