初めての日帰りバス旅行★天王川公園の東洋一の藤棚

初めての日帰りバス旅行★天王川公園の東洋一の藤棚

今日の神戸は晴れ!
久しぶりに、汗ばむぐらいの陽気になるそうです!

昨日は、GW明け、ちょっと風邪気味だったのですが、
がんばって、ZUMBA♪と、ブートキャンプ、ヨガ、
お風呂も2時間入ってきました!
それでも、連休のダラダラ生活で、1kg増です!
身にならないうちに、ダウンさせなきゃ

さて、バス旅行の続きのお話は、天王川公園の東洋一の藤棚 
032_resized.jpg

033_resized.jpg
ウィキペディアによると、
天王川公園(てんのうがわこうえん)は、愛知県津島市にある都市公園。
1920年(大正9年)に開設された公園で、公園の中央にある楕円形の池「丸池」は、かつて町の中を流れていた佐屋川の支流・天王川の名残りとして知られる。
この地は鎌倉時代以降、津島湊として隆盛を誇ったが、江戸時代には土砂の堆積が進み、1785年(天明5年)に川をせき止めて入江とした。池は当時の入江部分に相当する。
1899年(明治32年)に佐屋川が廃川になると天王川は孤立。当時、愛知県によって日光川から天王川への運河開削が計画されたが、地元の反対によって中止されている。
1918年(大正7年)に津島町議会で公園計画が議決され、1920年に開園。この地域の中心的な公園として利用され、競馬大会やオートバイレースなどが開催された記録もある。
1935年(昭和10年)に猿動物園が置かれたのに始まり、1958年(昭和33年)にはライオンやクマなどを飼育する動物舎が設置。以降もフラミンゴなどが飼育されていたが、1998年(平成10年)に廃止された。
津島市はフジの名所であり、公園にも1978年(昭和53年)から藤棚が造成され、1983年(昭和58年)には「日本最大の藤棚」が完成している。現在では四季折々の景色を楽しむことができ、2007年(平成19年)には日本の歴史公園100選にも選ばれた。
また、ユリカモメや稀にカワセミなどの様々な渡り鳥もやってくる。』という。

036_resized.jpg

037_resized.jpg
川面を埋める藤の花びらが、とてもきれいです。

040_resized.jpg
藤棚を通ると、藤の花のいい匂いがします。

041_resized.jpg
天王川公園の藤は、九尺藤を中心に12種類114本もあるそうです。

042_resized.jpg
紫加比丹藤(ムラサキカピタンフジ)、白加比丹藤(シロカピタンフジ)、
紫藤、白野田藤(シロノダフジ)、野田長藤(ノダナガフジ)
曙藤(アケボノフジ)、八重黒竜藤(ヤエコクリュウフジ)
黒竜藤(コクリュウフジ)、六尺藤(ロクシャクフジ)
薄紅藤(ウスベニフジ)野田藤(ノダフジ)などがあるそうです。

043_resized.jpg
お化け屋敷や、露店もたくさん出ていました!

044_resized.jpg

045_resized.jpg

046_resized.jpg

047_resized.jpg



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

綺麗な藤棚ですね~
藤の香りもただよってきそう!
近くだったら、観に行けるのに残念!

Re: タイトルなし

西都人さん、おはようございます!v-290
ホントに立派な藤棚でしょう?
私も初めて見ました!
神戸からでもけっこう遠かったです!v-395
  • #435 観月 蛍(みづき けい) 
  • URL 
  • 2012.05/08 06:59 
  •  ▲EntryTop 
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索