初めての日帰りバス旅行★津島神社、菅原社

初めての日帰りバス旅行★津島神社、菅原社

今日の神戸は、朝から雨が降ったり止んだり。
不安定なお天気が続く場所が多いようですので、
ご注意くださいね 

昨日は、ほっぺの腫れの件で、久しぶりに最先端医療センターもある
ポートアイランドの市民病院に行って来ました。
皮膚科の先生が、紹介状を書いてくれて、予約もしてくれたので、
診察してくださる先生をお待たせするほどスムーズに受診できました。
ほとんど腫れがひいていて、原因特定はできなかったのですが、
腫れがひいたのなら、悪性のものではないだろうとのこと。
詳しく調べるのは、MRIなどの検査が必要で、
その予約が1週間後になるということだったので、
その頃には、ひょっとしたら完治しているかもしれず、
もう一度腫れたら、再度受診することにしました。
しかし、久しぶりの大病院にびっくりです 
予約も機械なら、診察料を支払うのも機械 
しばらくお世話にならないうちに、すごい進化しているんですね
旧人類にでもなった気分でした!

さて、日帰りバス旅行の続きのお話は、天王川の藤を見た帰り道 
今回、バスの駐車場から歩かされてばかりだったのですが、
途中で、ちっちゃな神社?を見つけました。
049_resized.jpg

048_resized.jpg
中には入れないみたいです。

津島神社
051_resized.jpg
ウィキペディアによると、
『津島神社(つしまじんじゃ)は、愛知県津島市にある神社である。社
格は国幣小社で、現在は神社本庁包括の別表神社。
建速須佐之男命を主祭神とし、大穴牟遅命(大国主)を相殿に祀る。
当社は東海地方を中心に全国に約3千社ある津島神社・天王社の総本社であり、
その信仰を津島信仰という。
中世・近世を通じて「津島牛頭天王社」(津島天王社)と称し、牛頭天王を祭神としていた。
東海道名所図会に、津島牛頭天王と記載される。

052_resized.jpg
社伝によれば、建速須佐之男命が朝鮮半島から日本に渡ったときに荒魂は出雲国に鎮まったが、和魂は孝霊天皇45年(紀元前245年)に一旦対馬(旧称 津島)に鎮まった後、欽明天皇元年(540年)旧暦6月1日、現在地近くに移り鎮まったと伝える。
弘仁9年(810年)に現在地に遷座し、嵯峨天皇より正一位の神階と日本総社の称号を贈られ、正暦年間(990年~994年)には一条天皇より「天王社」の号を贈られたと伝えられる。
しかし、延喜式神名帳には記載されておらず、国史にも現れない。
年代が明確な史料では、承安5年(1175年)の名古屋七寺蔵・大般若経奥書に名前が見えるのが最初であり、実際には藤原摂関時代の創建と見られる。
延喜式神名帳の記載はない(式外社)が、尾張国国内神名帳では海部郡の筆頭に「正一位上 津嶋牛頭天王」と記載されている。

東海地方を拠点とした織田氏は当社を氏神として崇敬し、社殿の造営などに尽力した。
織田氏の家紋の木瓜紋は当社の神紋と同じである。
豊臣氏も社領を寄進し社殿を修造するなど、当社を厚く保護した。
江戸時代には尾張藩主より1293石の神領を認められ、後に幕府公認の朱印地となった。
厄除けの神とされる牛頭天王を祀ることから、東海地方や東日本を中心に信仰を集め、各地に分社が作られた。

明治の神仏分離の際、建物・祭事などにおけるあらゆる仏教的な要素は廃され、祭神を建速須佐之男命とし、社名から牛頭天王の名を外して津島神社とした。
明治6年(1873年)に県社に列格し、大正15年(1926年)に国幣小社に昇格した。
神社のすぐそばに天王川公園がある。
公園の中央には楕円形の池があるが、これは、江戸時代まで町の中を流れていた佐屋川が木曽三川分流工事のさい、洪水対策で廃川となり、その支流・天王川もせき止められたものである。
牛頭天王は排斥されたが、神社の祭りは尾張津島天王祭として、今も「天王」の名が残っている。』という。

053_resized.jpg
054_resized.jpg
立派な神社ですね!

隣には、菅原社
050_resized.jpg
学問の神様、菅原道真公をお祀りする神社なのに、
時間がなくて、お参りできませんでした。
遠くからですが、むっずかし~~い現代物理など、
今期選択科目の理解が進みますように 
よろしくお願い致しま~~す 
二礼二拍手一礼 

057_resized.jpg
帰り道で、久しぶりに虹を見ました!
うっすらですが、樹の上に半分だけかかっています。

059_resized.jpg
バスの中で、牛しぐれ煮弁当いただきました。
晩ごはんとしては、ちょっと中途半端なので、
三宮に戻ってから、お刺身やお惣菜を買って帰りました!

今回、初めて日帰りバス旅行に参加してみたのですが、
長距離、ずっと座っていないといけないので、
腰が痛くなるし、けっこう大変でした!
バスの中では、食っちゃ寝の繰り返しでしたが……。
運転手さん、大変だろうな~~
朝7時出発、夜8時帰着
女性の運転手さんだったのですが、GWの渋滞にもめげず、
おひとりで頑張ってくれました。
お疲れさまでした 



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索