台湾旅行Vol.21、台湾の朝と、航空科学館、空港

台湾旅行Vol.21、台湾の朝と、航空科学館、空港

今日の神戸も晴れの予報!
昼間も、大分汗ばむほどの気温ではなくなってきましたね!

昨日は、リハビリに行った後、
デトックスマッサージにも行って来ました!
めっちゃ痛かったです!

さて、台湾旅行の続きのお話は、マッサージ店の続き!

もう3日目!帰国の朝です!早いですね!
2日目の朝より遅く、7時頃にホテルのレストランに降りて行くと、
おじいちゃん、おばあちゃん、妹や甥っ子は、もう食事を終えるところ
早いですね~~!

2日目ホテル前 (1)_resized.jpg
バイキングの内容は、前日とほぼ同じ。

2日目ホテル前 (2)_resized.jpg
瓶入りのヨーグルトドリンクには、タピオカが入っているんですよ!
姪っ子は、前日に引き続き、お気に入りのアップルデニッシュに夢中!
出発準備を整えて、8時20分に、ホテルのロビーに集合!

2日目ホテル前 (3)_resized.jpg
ホテルのエントランス

2日目ホテル前 (4)_resized.jpg
ホテル前の道路を仕事に向かうのか、たくさんのバイクのブンブン隊!
旅行社のバスが、各ホテルで出発の人を拾いながら、空港へ向かいます。
途中、到着の時に寄った免税店にも寄りました。

台北空港帰途 (1)_resized.jpg
台湾の空港には、航空科学館があり、飛行機が展示されています。

台北空港帰途 (2)_resized.jpg
ウィキペディアによると、
★航空科学館:『台湾桃園県大園郷にある台湾桃園国際空港の敷地内
(第三ターミナル予定地隣接地)にある航空機に関する博物館である。
航空科学館は中華民国交通部民間航空局によって設立された。
開館は1981年10月31日であるが、この日は蒋介石の誕生日でもある。
また台湾桃園国際空港の開館当時の名称が「中正国際空港」(蒋介石の号)
に因んだものであったため、開館当時の名称は「中正航空科学館」であった。
航空技術に関する資料が展示されている。
レプリカや模型の展示が多いが、中華民国国軍で運用されていた軍用機や
航空局で運用されていたC-47(DC-3)といった輸送機、
独自開発されたジェット練習機が展示されている。
管制塔の形をした塔は展望台であり、空港内で唯一滑走路に離着陸する航空機を
見ることが出来る施設であるが、ガラスで密閉されているうえ、
入場出来るのは科学館の入場券購入者に限られる。』という。

台北空港帰途 (3)_resized.jpg
台湾桃園国際空港は、航空会社や出発方向によって、
第一と第二にターミナルが分かれ、離れた場所にあります。

台北空港帰途 (4)_resized.jpg
ピンクブースに、キティちゃんの電話がありました
ホントに電話が出来ますよ!

台北空港帰途 (6)_resized.jpg
おもちゃ屋さんに、かわいい子供用のキャリーバッグ!乗って遊べます!
おみやげものを買って、搭乗口へ向かいます!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索