ラクトフェリンお試し!

ラクトフェリンお試し!

今日の神戸は晴れ
随分気温が落ちてきましたね!
上が長袖になって、ジャケットもいりそうな気候
でも、素足好きの私は、まだ素足にミュールだったりして
かなりアンバランスですね!
もう今日で、10月も終わり、明日から11月です!


昨日は、冬物の服や靴を探していて、やっぱりお勉強が全く捗らず
スポーツクラブでアクアビクスをした後は、
久しぶりに福岡から戻って来ている友人とおしゃべりしたり、
お風呂に2時間ほど入ったり。
1日って、すぐに過ぎてしまいますね!


ライオンの「ラクトフェリン」10日分お試しを購入
「ヤセル!」って聞くと、放ってはおけません
001.JPG
ライオンによると、
『「ラクトフェリン」は、1939 年にデンマークの科学者によって発見されました。
成分名は、ラクト=ミルク、フェリン=鉄に由来して名付けられたといわれています。
鉄と結合しやすい特性から赤みがかった色をしているため
“牛乳の赤いたんぱく質”とも呼ばれていました。
私たち人間を含む哺乳類の乳や、だ液、涙、血液(白血球)のほか、
牛の乳(生乳)にも含まれていますが、
なかでももっとも多いとされるのがヒトの出産直後の初乳です。
その濃度は牛の初乳の約10 倍もあり、母乳中のたんぱく質の約10%~30%
(1 リットル当たり8g)を占めるほど豊富なのです。
ちなみに、だ液のラクトフェリン濃度は、加齢により徐々に低下する
ことがわかっています。』といいます。
しかし、『ラクトフェリンは胃で分解されるので、
腸まで届くように工夫していることが一番の特長です。』
また、腸溶性ラクトフェリン研究会によると、
「ラクトフェリンは多機能タンパク質と言われるとおり、
体の調子が悪い方の生活の質を改善し、
様々な病気に効果・効能を現すると言われています。
ほとんどの効果は、ラクトフェリンが免疫を高めることに由来します。
現在、次のような効果に関する基礎や臨床研究が数多く行われています。
抗不安、鎮痛、発がん抑制、抗がん、がん転移抑制、化学療法剤の副作用低減、
放射線障害予防、造血、骨粗鬆症予防、肥満改善・予防、創傷治癒促進、
動脈硬化予防、歯周病予防、口臭抑制、涙腺細胞の若返り」などという
かなりの優れものですね
10日で、何らかの効果が現れると、かなりうれしいです!
乞うご期待



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索