今日は、七草粥!昨日は、お寿司屋さん♪

今日は、七草粥!昨日は、お寿司屋さん♪

今日の神戸も晴れの予報です。
今日は、七草粥ですね!
ホントは、朝に食べるみたいなんですが、夜のご飯に食べることにします。
道理で!昨日、お寿司屋さんの帰りにスーパーに行ったら、売り切れてました!

ウィキペディアによると、
『七草がゆ・七草粥・七種粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に
食べられている日本の行事食(料理)である。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。
祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

以下は、関東地方の例である。
1月6日の夜、あらかじめ用意したセリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、
ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」を俎板の上に載せ、
以下の歌を歌いながらしゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくする

「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」

明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草を入れて七草粥にする。そして朝食として食べる。

七草粥は神社で振舞われる場合もあり、新年の季語とされる。
現在では、七草をセットした商品が、多くの八百屋など小売店にて販売される。

七種の節句:この七草がゆを食べる行事を言う。

七草粥は七草すべてが使用されるわけではなく、
また地方によっても食材が異なる場合がある。
気候や降雪の関係で七草が摘めない東北地方では、七草を使わない粥を炊く。
山形県の村山市周辺ではゴボウ、ニンジン、こんにゃく、ずいき、油揚げ
などを入れた納豆汁、七草汁を1月7日の朝食として食べる。
最上川流域では1月7日に新米の握り飯を12個作り、
箕の上に乗せて柳の箸を刺して「おみ玉」として飾る。
その後で握り飯を崩して煮込み、野菜、昆布、干し柿、栗を
入れたものを「七草粥」と呼ぶ。
また、青森県や秋田県では1月7日に行事を行う地域は少数である。
そのかわり、1月16日の小正月には、けの汁という根菜を大量に炊き込んだ
精進料理を味わって祝う。

この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともされている。』という。

昨日のお昼は、掻き揚げと、いろいろきのこなどのおうどん
舞妓はんひぃ~ひぃ~も入れてますよ~~!
七福神めぐり 001_resized

昨日は、神戸七福神めぐり第二弾
でも、彼氏がお寝坊さんだったので、2ヵ所しか回れませんでした。
ホントは、7日までに、7か所巡らないといけないみたいなんですが、
1か所行けずに、6ヵ所止まり!
福が、少し減額されるのでしょうか

晩ご飯は、お寿司屋さん♪
七福神めぐり 063_resized
天ぷら(海老、なす、ししとう、さつまいも)

にぎり寿司と細巻き
細巻き、ごはんがいっぱい詰まっていて、おなかも膨れるので、
せっかくお寿司屋さんに来て、食べたくないんですが、
もったいないので、やっぱり食べちゃいます。
七福神めぐり 062_resized
ここのたこのやわらか煮、めっちゃおいしいです!
なまこが入っていたんですが、彼氏に数の子と交換してもらいました!
お刺身のマグロ、最初は、大トロや中トロが入っていたんですが、
最近、フツーの赤見なので、ちょっとがっかり!
私、マグロの赤身は、本マグロしか好きじゃないんです。
好きなのは、大トロ

七福神めぐり 064_resized
ボタン海老と、大トロ
久しぶりの大トロ、おいしかったで~~す!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索