IKKOさんのおススメのマスカラと、小松菜のイタリアン

IKKOさんのおススメのマスカラと、小松菜のイタリアン

今日の神戸は、晴れ!
でも、風が強く、にわか雨の降るかもしれない、すっきりしないお天気のようです。

昨日は、午後からエステに行って、スマートマーキュリーかけてもらいました!
前回、腰にかけてもらったマーキュリーで、随分腰のお肉が落ちたみたいです! 
最近付いたお肉で、落ちやすかったのでは?ということですが、
マーキュリーすごい 
足裏デトックスも、ちょっとだけやってもらいましたが、
最近、お風呂やブルブルマシーンで、自分でもマッサージしているせいか、
恐ろしい激痛が来ず、何とか耐えれる感じでした。
でも、1か月で、おなか回りがー6cm 
足裏デトックス&スマートマーキュリーすごいです 

今日の産経ニュースの記事に、IKKOさんへのインタビューで、
ビューラーとマスカラの選び方、塗り方についてのお話が載っていました!
私は、ビューラーは使わないんですが、ビューラーは、山形の方がよく、
コージーのアイラッシュカーラーやSUQQU(スック)がいいそうです。

マスカラはブラシの形がとっても重要で、
『液の粘度に合ったブラシがそれぞれある。
液に合わせて全てブラシを変えているヘレナ ルビンスタインはすばらしいですね。
全部取り寄せましたが、全てブラシが違うんです。
最近はどこのメーカーもブラシを使い分けているようですが。
ブラシの形でいえば、私が以前から「ウニウニちゃん」と呼んでおすすめしている
ジバンシーのマスカラ「フェノメノンアイズ」もお見事。
ウニのように、ブラシがなんと球状なんです。球状だから、狙ったところをピンポイントで塗れる。
マスカラって、よく違う部分についてしまって落とすのに苦労したりしますよね。
でも、このブラシの形だと他の部分につきにくい。

塗り方にもコツがあります。虫眼鏡で見ても大丈夫なぐらいに美しく仕上げたい!
というときには、根元、中間、毛先とマスカラを使い分けるんです。
もちろん、これは時間のあるときに限りますが。
根元には粘度の高いボリュームタイプ、中間から毛先にかけては、
軽くてコーティング力があるロングラッシュタイプのものを。
こう塗り分ければ、しっかりと根元からまつげを支えてくれます。

下地も大事ですね。髪をアップに結うときも同じなんですが、
あまりサラサラだとすぐに落ちてきてしまう。
そういう場合は、私は髪の根元から中間にかけてハードスプレーをガンガンにかける。
わざときしませることで摩擦を起こし、髪が崩れにくくなるんです。
それと同じことをしてくれるのが、M・A・Cの下地。
M・A・Cはアーティストブランドなので、プロの悩みをきちんと反映してくれているのです。
すごく長持ちしますよ。』ということです。

私は、ビューラーさえ使わないズボラさなので、
なかなか自分の思うようにはマスカラが塗れないんですが、
さすが、プロはスゴイ 

昨日の晩御飯は、ハマチのお刺身と、小松菜のイタリアン、豆腐ときのこのお味噌汁、
P1110599.jpg
マーキュリーの後は、吸収しやすいので、一応、酵素の多いお刺身だとか、
お野菜もオリーブオイルで炒めたりと、気を使っています!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索