六甲高山植物園

六甲高山植物園

今日の神戸、しとしと雨です。
湿気が多くて、乾いた洗濯物が、また湿ってしまうし、
フローリングもベトベトして、気持ち悪いですね!

昨日は、学校に行って来たんですが、昨日も生憎1日雨。
いつもなら、学校行きのバスが出る六甲道まで自転車で行くんですが、
昨日の雨では、びしょ濡れになりそうなので歩きで、
おまけに、学校からの帰り、満員のため、バスに2回もスルーされ、
その上、バスの長い列の後ろの方だったので、いつ乗れるかわからず。
結局、六甲道まで歩いて帰りました。
30分ぐらいかかったかなぁ……。
雨の中、よく歩いたよ!
学校は、この間乗った六甲ケーブルの下あたりにあります。
下りなので楽だったけれど、傘をさしていても、びしょ濡れになってしまいました。

そして、先日の六甲山に行った続きのお話は、
六甲ガーデンテラスからバスに乗り、六甲高山植物園に行きました!
P1120352_resized.jpg
実は、先日TVで、六甲山植物園に、幻の紫陽花シチダンカが咲いたというので、
それは、是非見ておかなくては 
と思ったのですが、ここではなく、神戸市北区の六甲山神戸森林植物園なのだそう!

P1120353_resized.jpg
いやあ!ここは、ホントに森の中だ 

P1120354_resized.jpg
ちょっとシブ過ぎて、イマイチ楽しくない!

P1120355_resized.jpg
取りあえず、入っちゃったので、お散歩しようか!
森林浴や~~!

P1120357_resized.jpg
ここで咲いていたのは、コアジサイ 

P1120358_resized.jpg

P1120360_resized.jpg
草ばっかりや~~

P1120361_resized.jpg

P1120363_resized.jpg
こえは、バラ科のオニシモツケという花だそう。
短い毛が密生していて、きらきら光る不思議なお花!

P1120366_resized.jpg
ドウダンツツジ、聞いたことある名前!
ウィキペディアによると、
『「ドウダン」は、枝分かれしている様子が昔夜間の明かりに用いた灯台(結び灯台)の
脚部と似通っており、その「トウダイ」から転じたもの、また、「満天星」の方は中国名に由来する。』

P1120367_resized.jpg

P1120369_resized.jpg

P1120370_resized.jpg

P1120371_resized.jpg

P1120372_resized.jpg

P1120373_resized.jpg

P1120374_resized.jpg
この橋は、プリンスブリッジというのだそう。
ウィキペディアによると、
『六甲高山植物園は、その学術性から皇室の訪問(行幸・行啓)をたびたび受けている。
1958年には今上天皇が皇太子時代に訪れたのをはじめ、
1971年には皇太子徳仁親王が立太子の前に訪れている。
さらに1981年には、昭和天皇が神戸ポートアイランド博覧会を訪問した際に当園も訪れている。
今上天皇が皇太子時代に訪れた時に、園内に架けられた吊り橋には「プリンス・ブリッジ」
と名づけられたが、その後老朽化により架け替えられた2代目が現在のプリンス・ブリッジである。
現在は吊り橋ではないが、木製の装飾により吊り橋の雰囲気を出している。
園内には昭和天皇の行幸記念碑が設置されており、また三代の記念植樹もある。
「プリンス・ブリッジ」の北東側の古い岩組みは高山植物園創設時に作られたものである。』という。

P1120375_resized.jpg

P1120377_resized.jpg



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索