姫路城、「りの一渡櫓」と、播州皿屋敷お菊井戸の伝説

姫路城、「りの一渡櫓」と、播州皿屋敷お菊井戸の伝説

今日の神戸は晴れ!
相変わらず暑いですね!

昨日は、久しぶりにスポーツクラブへ行ったら、お風呂が改装されていて、
床のタイルがきれいになっていたり、お風呂場の出入り口のドアがきれいになっていたり、
造花の観葉植物が、窓際全体に飾られていたりして、ちょっとびっくり 
昨日は、元ボクサーのインストラクターのアクアビクスと、
平泳ぎ500m、クロール100m、水中ウォーキング20分と、お風呂2時間!

お風呂上りに体重を量ったら、しばらく行かない間に、1kg増加 
外食続きのわりに、1kg増加で済んで、ほっ!

少し前に行った姫路城ですが、ほとんど書いた記事が消えてしまい、
ショックで、もう一度書く気力を失くしていたのですが、再チャレンジ 
……そして、また、さっき、書き始めた記事が、消えてしまいました!
何ということでしょう! 

その上、こと時撮った写真、花火モードになっていたせいか、途中まで真っ白!
何でこんなにハプニング続き?
姫路城と、よっぽど相性が悪いのでしょうか 

姫路城
本来は、別名、白鷺城と言われるように、このように美しいお城ですが、
現在は、改修工事中です。
国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となったお城です。
姫路城は17世紀初頭の日本の城郭建築を代表する史跡建造物として評価を得たそうです。

P1120850_resized.jpg
現在は、姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」として見ることができます。

りの一渡櫓 (2)
現在特別公開されている「りの一渡櫓」から見た「ぬの門」でしょうか 

りの一渡櫓 (1)
「りの一渡櫓」に展示されている甲冑
「りの一渡櫓」は、築城以来、一般には公開されたことのない「櫓」だそうです。

P1120852_resized.jpg
播州皿屋敷お菊井戸 
世界文化遺産姫路城さんのHPによると、
『姫路城の上山里(かみのやまさと)とよばれる広場に、お菊井戸と呼ばれる古い井戸があります。
この井戸は、播州皿屋敷で知られるお菊さんゆかりの井戸でよく知られた怪談話が残されています。

約450年前の室町時代中期、姫路城執権の青山鉄山(てつざん)は、城を乗っ取ろうと、
城主を増位山の花見の宴で毒殺しようと企てていました。
それを察した城主の忠臣、衣笠元信(きぬがさもとのぶ)は、愛人であるお菊を
鉄山の屋敷に奉公させて企みを探らせ、鉄山の息子小五郎から父の陰謀を聞き出しました。
この知らせを聞いて元信は、花見の宴で城主を毒殺しようとする鉄山の陰謀を阻止することができました。

その後もお菊は、鉄山の屋敷で動向を探り続けていましたが、
鉄山の同士町坪弾四朗(ちょうのつぼだんしろう)に気づかれてしまいます。
ところが、以前からお菊に好意を持っていた弾四朗は「黙っている代わりに自分のものになれ」
とお菊に言い寄りました。しかし、お菊はその条件を聞き入れず、弾四朗に折檻されます。
それでも強情に言うことをきかないお菊を憎らしく思うようになった弾四朗は、
ある日、お菊が預かる家宝の十枚の皿うち一枚を隠してその罪をお菊に負わせ、
ついにお菊を切り殺し庭の井戸に投げ込みました。

それからというもの夜ごと井戸の底から悲しげな女のか細い声で
「一枚、二枚、三枚、四枚、五枚、六枚、七枚、八枚、九枚・・・・・」
と皿を数える声が聞こえるようになりました。
そのお菊が投げ込まれた井戸がお菊井戸だと言われています。』という。

ひどい男ですね~~!
ちっちゃいヤツや 

P1120853_resized.jpg

P1120854_resized.jpg
これが、「帯の櫓」、だと思います!

P1120855_resized.jpg

P1120856_resized.jpg
これが「備前門」かな。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 



昨日の晩御飯は、なすの肉みそ炒めと、ホタテバター、デトックススープ、アジの南蛮漬け、
P1130036.jpg

 
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索