アナと雪の女王

アナと雪の女王

今日の神戸は、晴れ!
朝は、ちょっと肌寒かったです。

昨日は、最近お気に入りの先生のヨガと、めっちゃ楽しいZUMBA♪
30%の力でやるしんどいブートキャンプと、ポールストレッチ、
お風呂も2時間。
酸素カプセルも行きたかったんですが、
いろいろお買い物があったので、やめました。

昨日は、消費税5%最後の日。
私は、薬局屋さんと、100均と、スーパーでお買い物。
みなさん、どんなお買い物されましたか 
コンビニなんかは、午前零時で消費税8%に変わったんかなぁ 

日曜日に、「アナと雪の女王」観に行ってきました 
松たか子の歌声が、可愛くてステキだと評判ですよね!
P3300461.jpg
かわいくて、ステキな映画でした!
最後の方で、ちょっと泣いてしまった。

Wikipediaによると、
『『アナと雪の女王』(原題:Frozen)は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ製作による2013年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画である。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』が原作とされるが、
ストーリーは完全オリジナルといえるほど異なり、雪と氷の魔力を持つ女王エルサと
彼女を救うため冒険の旅に出るアナの姉妹を主人公として、世界を救う真実の愛が描かれる。
ディズニー史上で2人のディズニープリンセスが主人公になったのは初めてのことである。
ウォルトディズニーアニメーションスタジオ長編作品としては53作目である。
声の出演はクリスティン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフらである。

<登場キャラクター>
★アナ:主人公の王女。ストロベリーブロンドの髪だが、
5歳のときに頭に受けた魔法の影響で一房だけが白い
(本人はそのことを忘れているため生まれつきだと思っている)。
左投げ。明るい性格で、いざという時は男勝りな一面をのぞかせる。
仲の良かった姉と理由もわからず引き離され、閉塞的な城の中で
ひとり寂しく育ったため、素敵な出会いを夢見ていた。
王子ハンスと出会い、彼の紳士的な一面に惹かれて出会ったその日に
彼のプロポーズを受けいれる。
王国を逃亡した姉のエルサを想って彼女を捜す旅に出る。

★エルサ:アナの姉で、もうひとりの主人公。プラチナブロンドの髪。
生まれながらに雪や氷を作り出す魔法の力を持っており、
それは成長するにつれて制御することができなくなるほど強大になっていく。
子供の頃に魔法でアナを誤って傷つけてしまい、
それ以来、誰とも触れ合わず自室に閉じこもる。
女王となる戴冠式の日に、人々の前で魔法を見せてしまい逃亡せざるを得なくなる。
その際、期せずして王国を極寒の冬に変えてしまった。

★クリストフ:勇敢でワイルドな山男の青年。
氷を売って生計を立てており、山の中でトナカイのスヴェンと共に暮らしている。
山小屋でアナと出会い、彼が会話の中で突然の吹雪が吹いてきた方角を示したお蔭で、
アナは姉のエルサがどこに潜んでいるか気付いた。
その後エルサを捜す旅に同行する事になる。
幼い頃からスヴェンと採氷をしていたが、それが契機であるものを目撃していた。

★スヴェン:山に住むトナカイ。クリストフの相棒。にんじんが好物。

★オラフ:夏に憧れる陽気な雪だるま。エルサの魔法で作られた。
主に3つの雪玉から成る身体で、それぞれを意のままに入れ替えることができる。
鼻はにんじん。夏に憧れるがゆえに、永遠の冬に終止符をうつのが
目的のアナたちを、嬉々として氷の城へ案内する。

★ハンス・サザンアイルズ:エルサの戴冠式に招待されたサザンアイル王国の王子で、
本作のヴィランズである。
13人兄弟の末っ子で、王も女王も上の兄たちに目をかけているので、
ハンスは孤独感を持っていた。
戴冠式でアナと出会い、アナの孤独感を理解して彼女にプロポーズする。
アナが旅に出ている間、アレンデール王国のことを任される。
一見紳士的に見えるが、本性は残忍で冷酷。内心ではアレンデールを
支配するためにエルサだけでなく彼女のあとを追ったアナをも
抹殺しようと野心を燃やしている。
監督のジェニファー・リーは、ハンス王子の本質について原作の「悪魔の作った鏡」
であるとインタビューで語っている。
鏡のように周囲の人物の心象を写し出しているのだと。

★ウェーゼルトン公爵:アレンデール王国の隣国で、貿易相手である
ヴァイゼルトン国からエルサの戴冠式に招待された公爵で、もうひとりのヴィランズ。
常に2人のボディガードを引き連れている。
ドイツ読みが正しい発音だが、いつもウィーセルタウンと発音されてしまう事を厭う。
頭の大部分がハゲかかっているため、常に鬘を被っている。
鶏や猿の真似を得意とするなど、一見愛嬌があるが、戴冠式に招待され、
参上するにはある目的があった。
王国から脱走したエルサに対し怒りを露わにしており彼女を抹殺すべく、
任されているハンスをも出し抜く野心を燃やしている。

★マシュマロウ:エルサの魔法で作られた氷の怪物で、氷の城の門番。
怒らせると牙と爪と棘が生えて襲いかかる。マシュマロウという名は
劇中ではオラフにしか言及されていないので、創造主であるエルサが
マシュマロウという名をつけたかは実は不明。

★オーケン:サウナ付き山小屋の主人。
夏の真っただ中から突然極寒の冬になったので、
店内の夏物を半額セールにしている。従って冬物の品揃えが実に悪い。
何かにつけ自分が発明した日焼け止めオイルをアピールする。
「悪党」呼ばわりされるとおっかないが、普段は温和な性格をしている。
口癖は「ヤッホー!夏物セールス!」。

★トロールたち:石のような姿をした不思議な生き物。
クリストフの友達であり、家族のような存在。
長であるパビーはかつてエルサの魔法で傷付いたアナを治した。
トロールの一人であるバルダは陽気で、幼い頃のクリストフが最初に出会ったトロール。
人間でいう男性にあたるトロール達は緑か青のクリスタル製ネックレス、
女性にあたるトロール達はピンクか赤、長のパビーのみ黄色のネックレスをかけている。

★シトロン:ハンスの愛馬で種類はフィヨルド馬。
ハンスとアナが最初に出会った際にハンスと一緒にいた。
アナから彼女自身がアレンデール王国の王女と聞いて、
ハンスと一緒におじぎする礼儀を持ち合わせている。
実はシトロンという名前は劇中で出てこないのだが、脚本家のジェニファー・リーが
ファンからweb上で質問されて、ノルウエー語でレモンを指すシトロンであると認めている。
[要出典]後にハンスと一緒にエルサを探す旅に出かける。

★カイとゲルダ:アナとエルサの召使い。
アナとエルサが幼い頃からアレンデール王国に仕えていた。
2人の名前の由来は原作である『雪の女王』の主人公カイとゲルダだと思われる。
[要出典]アレンデール国王エルサとアナの父で皆から愛されていた王。
魔法は使えない。アナが不慮の事故に見舞われた際、城の図書館から
トロールたちの住む丘を見つけ出し、妻と娘たちを連れて馬を走らせた。
その後、妻と共に船出の途中、嵐に襲われ船が沈没し死亡した。

<声の出演>
アナ:クリスティン・ベル: 神田沙也加
エルサ:ディナ・メンゼル:松たか子
クリストフ・ブジョーグマン ジョナサン・グロフ:原慎一郎
オラフ ジョシュ・ギャッド(英語版): ピエール瀧
ハンス・サザンアイル:サンティノ・フォンタナ(英語版):津田英佑
幼いアナ:リビー・スタベンラッチ(台詞)
     ケイティー・ロペス(歌):稲葉菜月
子供時代のアナ:アガサ・リー・モン:諸星すみれ
幼いエルサ:エヴァ・ベラ:佐々木りお
10代のエルサ:スペンサー・レイシー・ガーナス:小林柚葉 』という。




ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索