伊勢旅行★天岩戸、「恵利原(えりはら)の水穴」、

伊勢旅行★天岩戸、「恵利原(えりはら)の水穴」、

今日の神戸は、曇。

昨日は、朝は、雨が降っていたんだけれど、
レインコートを着て、自転車で出かけました!
連休中に、また2kg太ってました!
アクアズンバと、水中ウォーキング、平泳ぎ500m、
クロール500m、筋膜ほぐし、ヨガ、
トレーナーさんのパーソナルストレッチとトレーニング60分。
そして、たっぷりお風呂です!
少しは体重落とせたはず 
月曜日に行ったバッティングセンターのせいか、
腕が筋肉痛でした!

さて、大分間が空いてしまいましたが、伊勢旅行の続きのお話は、
3日目朝食
3日目の朝ホテルで、バイキングの朝ごはんを食べて、
おみやげを買って出発です!

伊勢志摩・英虞湾沿いの志摩磯部に、天岩戸(あまのいわと)がある
というので、訪ねてみることにしました、
そこには、「恵利原(えりはら)の水穴」と呼ばれる霊水が湧き出る場所も
あるというので、旅行中にためておいたペットボトル持参で訪れました。
ここは「天岩戸伝説」が残る特別な場所でもあり、地元ではこのエリアを
「特に霊気の強い場所」として大切に保存・維持されているそうです。

天岩戸とは古事記に登場する場所で、太陽神・天照大神が
須佐之男尊の悪事を諌(いさ)めるために身を隠した洞窟。
この「天岩戸伝説」は日本中に残り、伊勢神宮を有する三重県にも
三カ所で伝わっているそうです。

「恵利原の水穴」から湧き出る霊水が「五十鈴川」となって
伊勢神宮に流れ込むため、地元では特に霊気が強い場所と言われているそうです。

最初の鳥居は、道路に面した場所にあり、
うっかりすると、通り過ぎてしまいそうです。
「天岩戸」という看板があるので見落とさないように 
鳥居前には、古い石碑があります。

天岩戸 (1)_resized
一の鳥居から車で2分程走ると狛犬が守る二の鳥居があり、
その奥、右手に駐車場があります。
一旦駐車場に車を停め、戻って一礼してから二の鳥居をくぐり直しました。
鳥居の周りは石灯篭も並び、神宮林に囲まれた苔むした参道が続きます。

天岩戸 (2)_resized

天岩戸 (3)_resized
駐車場から3分程歩くと、石で出来た三の鳥居です。

天岩戸 (4)_resized

天岩戸 (5)_resized
右手には小川が流れ、倒木もあったりするうっそうとした
神宮林の中の苔むした道をしばらく歩く、と禊をする滝が見えてきます。

天岩戸 (6)_resized

天岩戸 (8)_resized
霊水の持つイオンパワーを浴びて、みそぎをするんですね!

天岩戸 (9)_resized
滝の傍まで下りてみると、けっこうな水量があり、
びしょ濡れになりそうでした!
滝の右手にある石段を登っていきます。

天岩戸 (15)_resized
古びた木の最後の鳥居をくぐると、「恵利原の水穴」に到着です。

天岩戸 (17)_resized
小さな石の鳥居の奥に、霊水の湧き出る水穴があり、
その前には霊水が流れ出るように竹筒が置かれています。

天岩戸 (18)_resized

天岩戸 (19)_resized
この水は現在も一日3万トン湧き出し、日本名水百選にも選ばれているそうですが、
「生水をそのまま飲まないでください!」の注意書きがあります。
おなかを壊した方がいらっしゃるのでしょうか 
持って行ったペットボトルに汲んで、
せっかくなので、霊水のお味見もしてみましたが、
おなかは壊しませんでしたよ!
でも、そんなにおいしいとも感じませんでした。

天岩戸 (21)_resized
水穴の奥は、どうなっているのか、真っ暗で見えません。
どこからお水が湧いているのでしょうね 



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索