みーにゃんのウイルス検査、猫コロナウイルス

みーにゃんのウイルス検査、猫コロナウイルス

今日の神戸は、晴れ!
夕方から曇になって、火曜日は雨のようです。
昨日も、夜は、急に寒くなって、びっくりしました!
まだまだ、暑くなったっと油断はできませんね。

昨日は、みーにゃんの病院の日。
連休で、ウイルス検査の結果が出るのが遅れるかもしれない
ということだったのですが、きちんと届いていました。

FCoV抗体が、3200倍ということで、
コロナウイルスの発症の可能性がゼロではないとのこと。
FeLV抗体と、FIV抗体は陰性で、大丈夫とのこと。

コロナウィルス(猫伝染性腹膜炎)のHPによると、
http://www7a.biglobe.ne.jp/~catsearch/sick_cat/corona.html
『<コロナウィルスとは>
•コロナウィルスは、猫の半数近くが持っているウィルスで、
多くの猫はこのウィルスに感染しても自然に治ってしまいます。
•猫伝染性腹膜炎となるのは、コロナウィルスを
持っている猫の5~10%です。
•普通のコロナウィルスがFIPウィルスに突然変異して、
猫伝染性腹膜炎が発病します。
•発病した場合は、残念ですが助からないといわれています。
•空気感染はしないといわれてます。
別の部屋に隔離し、排泄物(尿・便・唾液・血液)の扱いに
配慮すれば、あまり心配しなくても良いようです。

<感染をふせぐには>
•猫を外に出さないことが最大の予防です。
発情期の逃亡やケンカを避けるために、避妊・去勢手術をお勧めします。

<発病(伝染性腹膜炎)をふせぐには>
•完全室内飼いとし、外の猫と接触させない。
•長期にわたるストレスがかからないようにする。
特に、仲の悪い猫同士は、一緒にしないことをお勧めします。
•狭い場所にたくさんの猫を飼っている場合も
ストレスで発病しやすくなります。
多頭飼いは出来れば避けることをお勧めします。
8匹以上になると急に発病率が上がるという獣医さんもいます。
•感染してから体調を悪くした場合も発病しやすくなります。
普段の健康管理に気をつけ、調子が悪いようでしたら
早めに獣医さんに診察していただく。
•空気中のウィルス濃度を下げるため、空気の入れ替えを適度に行う。
•猫エイズや猫白血病などの感染症を持つ猫とは
部屋は分けることをお勧めします。
猫エイズや猫白血病が感染すると、極めて発病しやすくなります。

<コロナウィルスの値が高い猫を保護した場合>
•1~2ヶ月後の再検査で値が下がっていれば、問題はないそうです。
•コロナウィルスの値が測定不能なほど高い猫(51,200)でも、
「発病をふせぐために」の方法を実行してると、あまり発病しないようです。
猫に相当なストレスがかかる場合、たとえば極端な多頭飼い、
仲の悪い猫の同居、販売されている子猫など以外は、
神経質にならなくても良さそうです。

<ワクチンについて>
•ワクチンはありません。

<検査について>
•コロナウィルス検査では、無害な普通のコロナウィルスか、
悪性のFIPウィルスか見分けられません。
•過去にウィルスに接触したことがあれば検出され、
検査室による値の違いも大きいので、通常は検査していません。
空輸して検査を依頼している病院の値が結構高くでました。
•生後6ヶ月以内の猫に検査しても正確な値はでません。
•潜伏期(感染していても検査ではわからない時期)が6ヶ月あります。 』という。

株式会社モノリスHPによると、
http://www.monolis.com/publics/index/143/
『報告値
●400倍未満 感染の可能性は低いと思われます。
3200倍以上 FIPV発症の可能性が疑われます。
● 400倍~1600倍の場合
1)FCovを疑わせる臨床症状が認められる。
・・・病態が現在進行中である可能性が高いと言えます。
2) FCovに特異的な臨床症状はない。
・・・偽陽性の可能性もありますので慎重に経過を観察して
ください。2~3週間後の再検査をお奨めします。

抗体価400倍未満で、明らかにFCovを思わせる症状を呈している場合
1) 個体の免疫応答が十分でなく、抗体が上昇していない可能性
2) FCovの変異株の感染などが考えられます。』という。

ただ、発症している猫ちゃんの場合、下痢をしていたり、
発熱していたりするようです。
みーにゃんは、下痢をしたことがないし、熱もないので、
今後、様子がおかしい時には、注意が必要ですね!

P5100014.jpg
昨日は、母の日だったので、
みーにゃんから、ということで、
病院で、カーネーションをいただいて、
みーにゃんと一緒に写真も撮ってもらいましたよ!

昨日は、前の2回とも、白血球数が少なかったため、
また血を抜かれての検査もしましたが、
みーにゃん、鳴きもせず、暴れもせず、
とってもおりこうでした!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索