【衝撃】神戸連続児童殺傷事件犯人が書いた本『絶歌』がネットに無断アップロード! 無料で読める状態

【衝撃】神戸連続児童殺傷事件犯人が書いた本『絶歌』がネットに無断アップロード! 無料で読める状態

今日の神戸は、曇たり雨が降ったり。 
昨日は、半袖では寒いお天気だったのですが、
今日は、蒸し暑いです。

うちのトマトが、赤くなりました!
P6200300.jpg
もうすぐ食べられるかな 

ところで、あの神戸連続児童殺傷事件犯人が書いた本『絶歌』が
ネットに無断アップロード! 無料で読める状態になっているそうです。
かつて、酒鬼薔薇聖斗と名乗り、残虐殺人を犯した少年の
自己陶酔本と言われている本ですが、

パズプラスニュースによると、
『神戸連続児童殺傷事件の犯人が書いた手記の本「絶歌」(太田出版)が、イ
ンターネット上にアップロードされ、無料で読める状態になっている。
・ページが拡散していることを確認
編集部ではすべてのページを確認することはできなかったが、
一部のページがインターネット上に掲載され、拡散していることを確認できた。
ページをカメラで撮影し、そのままインターネット上にアップロードしているようだ。
スキャンしたかのようにキレイなページ画像もあった。
・ページを無断でアップロード
常識的に考えれば、ページを無断でアップロードする行為はモラルに反する行為。
それにしても、どうして大きなリスクを負ってまでページを複数アップロードし、
拡散しているのだろうか?
・太田出版に対する怒り
この本を出版したことに対して、多くの人たちから批判の声が出ている。
印税の使われ方に関しても議論されている。
それゆえ、本を発売した太田出版に対する怒りを「ページの無断アップロード」
というかたちで表現しているのかもしれない。

著者は「元少年A」。1997年に神戸市で土師淳君(当時11歳)の首を切断し、
山下彩花ちゃん(同10歳)を殴って殺害した「酒鬼薔薇聖斗」
兵庫県神戸市で複数の小学生を殺傷し、男児の頭部を
中学校の校門前に置くという凄惨な事件を起こしている

事件は社会に大きな衝撃を与え、少年法の刑罰の対象が
16歳以上から14歳以上に引き下げられるきっかけとなった

事件当時から現在までの心理状況が赤裸々に綴られている
一九九七年六月二八日。僕は、僕ではなくなった」。
全294ページに及ぶ手記は、こんな書き出しで始まる
手記は男性が医療少年院に入院するまでと仮退院以降の
生活についての2部で構成
「怪物と呼ばれたかった」と事件に至るまでの異常な心理とともに
社会復帰後の生活についても赤裸々に明かしている

被害者遺族は本が出版されることを知らなかった
被害者遺族に知らせないまま刊行
被害者遺族である土師守さんは、この本が出版されることを報道で知った

なぜ加害者は本の出版に踏み切ったのか
理由は巨額の印税か?
印税は通常と同様に著者に支払われる
著者が受け取る印税は一般に10%
初版は10万部で、男性の懐には1500万円の印税が入る
印税を被害者側に支払うのかという疑問も多いが、出版社側は、
「意向は聞いていないが、著者が考えるはず」だと説明

99年に少年の親が「『少年A』この子を生んで……」を出版したときは
印税をすべて遺族に払い、その額は7000万円ともいわれた
男性に多額の収入がもたらされるのは間違いないが、その使い道は明らかではない

遺族の心痛は計り知れない
以前からメディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていましたが、
完全に無視されてしまいました。
なぜ、さらに私たちを苦しめるようなことをするのか、理解できません」
http://matome.naver.jp/odai/2143410741833447901』という。

私は、この本を読んでいないのですが、
やはりお金をもらってこの恐ろしい犯罪の手記を書くというのは、
いかがなものかと思います。
ご遺族の方たちは、いたたまれないと思います。

★追記
「絶歌」のほぼ全文が載っているというブログを見つけました。

  hhttp://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-224.html
全文ではないと思うのですが……。
あまりにもくだらない内容に、絶好しました 
iいたいけのない罪もない子供たちに対して、自己本位に、
あのような残虐な殺害を繰り返した自称酒鬼薔薇聖斗の
罪が許されることは、決してないと思います。
彼は、自分が生かされていることに対して、甚だしい勘違いをして、
いつまでも、自己本位に、社会に甘えているんですね。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索