島根旅行、水木しげるロード

島根旅行、水木しげるロード

今日の神戸は、晴れ!
今日から5連休の方も多いのではないでしょうか。
せっかくの5連休、私は何も予定なしです。
まあ、どこも混んでるだろうし……。

昨日は、スポーツクラブで、エアロビクス2本と、
筋膜ほぐし、ヨガ、お風呂。
全身マッサージしてもらいたいなぁ 

さて、島根旅行、ランチを食べた後は、水木しげるロード。
水木しげるロードには、12時40分到着 
駐車場は、駅前駐車場:普通車128台(有料)と、
大正町駐車場:普通車58台(有料)日ノ出町駐車場:普通車75台(有料)
とあったので、水木しげる記念館近くに停めたのですが、
商店街の中にもたくさんありました。
ご飯屋さんもあまりないということだったのですが、
おなかを満たせるお店もたくさんありましたよ!
水木しげるロード (1)_resized
商店街に入ると、閑散としています。大丈夫なんだろうか 

水木しげるロード (2)_resized
座敷童子、
妖怪たちの像が、ちっちゃすぎてびっくり 

水木しげるロード (3)_resized
おみやげの、ねずみ男の鼻くそ

水木しげるロード (4)_resized
シーサー

水木しげるロード (5)_resized
目玉おやじのおみやげのお人形は、「おたべ」のパクリ 

水木しげるロード (6)_resized
妖怪お休み処、砂かけ屋
扉の中は、『妖界』なので、 人間は入れませんが、
外からの撮影はOKとのこと。
この中で、帰る頃に見たキャラクターたちが待機しているのかな 

水木しげるロード (8)_resized
ねずみ男

水木しげるロード (9)_resized
目玉おやじの水が、480円は高い 

水木しげるロード (10)_resized
小豆洗い

水木しげるロード (11)_resized
どこかでも見た金賞コロッケ

水木しげるロード (12)_resized
目玉おやじ

水木しげるロード (15)_resized
鬼太郎の下駄

水木しげるロード (16)_resized
鬼太郎

水木しげるロード (19)_resized
鬼太郎茶屋 道端の「倉ぼっこ」の視線の先にある小さなお茶屋さん、
元祖「鬼太郎茶屋」。水木しげるロードにできたお店の中で第1号。
「鬼太郎茶屋」という名前は、水木先生が命名されたのだとか。
自称妖怪ばあちゃんが迎えてくれるという。
水木先生も境港にお帰りの際は、いつもこのお店に寄られ、必ずお抹茶を召し上がるのだそう。
こぢんまりとしていて、広くはないけれど、ほっとくつろげるスペースでお茶を頂けるという。
メニューはお抹茶やコーヒー・ジュースなど。鬼太郎饅頭つき。
集まった資金の一部は平成6年から、水木しげるロード資金として寄付されているそうだ。

水木しげるロード (20)_resized
鬼太郎のいる橋

水木しげるロード (37)_resized
向かい側の橋には、ねずみ男。

水木しげるロード (21)_resized

水木しげるロード (22)_resized
水木しげる顕彰像、名言「なまけ者になりなさい」が刻まれている。

水木しげるロード (23)_resized
輪入道

水木しげるロード (25)_resized
鬼太郎たちのイラストが描かれた立派なJR境港駅

水木しげるロード (26)_resized
駅の案内書の妖怪ポスト、
案内書でスタンプラリーの妖怪ガイドブックが買える。
スタンプを全部押すと、記念品がもらえるが、もう片道歩いてきてしまったので、
全部押すのは無理!というか、途中で飽きる!

水木しげるロード (27)_resized
目玉おやじと鬼太郎、この「境港海陸運送株式会社」所有の
倉庫2棟にわたって3種類の壁画が描かれているという。
・日本妖怪地図:日本の妖怪の大集合で。境港が妖怪の中心となることがテーマ。
・出撃ゲゲゲの鬼太郎:陸・海・空の安全を祈って鬼太郎が見守っているイメージ。
・妖怪のつづら:玉手箱から現れた妖怪たちが自然の中に解けこんでいくイメージ。
所在地は、水木しげるロードよりも一本境水道側の大型バス専用駐車場のある通り。
(お車で境水道沿いの道を、走っていれば、茶色の建物・
ポートインさかいみなとから大正川の間に見ることができる。)
徒歩の場合は、水木しげるロードを境港駅側から歩き、妖怪広場のある交差点を左折。
30メートル程歩くと紫色の倉庫が現れるそうだが、見に行くのを忘れた!

水木しげるロード (28)_resized
河童の泉

水木しげるロード (29)_resized
スタンプ帳

水木しげるロード (30)_resized
妖怪神社 2000年元旦突如出現した『妖怪神社』。
1000年の節目である2000年1月1日午前0時に落成入魂式が挙行された。
建立したのは1999年に発足した民間の街づくり会社(株)「アイズ」。
1999年の年末から2000年の年始にかけてカウントダウンと妖怪神社落成法要式典
が行われ全国からたくさんの人や妖怪が集まり大騒ぎしたそうだ。
神社は、水木しげるロードにいる妖怪たちのふるさとして、
また妖怪達が住みやすい自然環境を守り育てるための≪妖怪の郷≫
の意を込めて造ったものだという。

水木しげるロード (31)_resized
鳥居は一反木綿がデザインされたもの。

水木しげるロード (32)_resized
御神体は、高さ3mと2.5mの黒御影石と樹齢300年の欅(けやき)を
組み合わせてある。

水木しげるロード (33)_resized
欅には、水木しげるデザインの木々の精霊の目玉が描かれており、
この御神体に触れると、妖怪のもつパワーが受けられるという。
参拝は、二礼二拍手一礼。

水木しげるロード (34)_resized
妖怪神社のおみくじは、からくり人形が持ってきてくれる。
知らない人がガラスに写ってしまって、不気味 

水木しげるロード (36)_resized
一反木綿のちっちゃいマンホール 

水木しげるロード (38)_resized
目玉おやじのタクシー

神戸ベーカリー(水木ロード店、喫茶コーナーあり)に寄るのを忘れた!
一反木綿(130円)・鬼太郎(216円)・砂かけ婆(216円)・塗り壁(216円)
ねずみ男(216円)のパンを売っていて、喫茶コーナーで食べることが出来る。
猫娘の像のある場所だったみたい。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索