カリフォルニア・ダウン

カリフォルニア・ダウン

今日の神戸も、晴れ!
連休中、いいお天気が続いてうれしいですね!

昨日は、「カリフォルニア・ダウン」を観に行ってきました!
P9200346.jpg
巨大地震によるパニック映画ですが、
ジェットコースターに乗っているようなスリルがあり、
思わず避けてしまったり、頭をすくめる場面が、
ありました。
3Dで観たら、もっと楽しめたかも 
設定では、???な部分がありましたが、
パニック映画としては、楽しめるものだと思います。
ただし、津波のシーンがあるので、トラウマのある方は、
ご覧にならない方がいいかもしれません。

Wikipediaによると、
『「カリフォルニア・ダウン」(原題:San Andreas)は
2015年にアメリカ合衆国で公開される予定のパニック映画である。
監督は「キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争」の
ブラッド・ペイトン、主演はドウェイン・ジョンソンが務める。

<あらすじ>
カリフォルニア州を大地震が襲い、甚大な被害をもたらした。
そんな中、ロサンゼルスの消防局に所属する
レスキュー用ヘリコプターのパイロット、レイと彼の前妻エマは、
娘ブレイクを救出するべくサンフランシスコへと急行した。

<キャスト>
ドウェイン・ジョンソン - レイ
カーラ・グギーノ - エマ
アレクサンドラ・ダダリオ - ブレイク
ヒューゴ・ジョンストン・バート - ベン
アート・パーキンソン - オルリー
コルトン・ヘインズ - ジョビー
アーチー・パンジャビ - セレナ
トッド・ウィリアムズ - マーカス・クローリングス
ヨアン・グリフィズ - ダニエル・リディック
ウィル・ユン・リー - キム・チャン博士
カイリー・ミノーグ - ベス・リディック
ポール・ジアマッティ - ローレンス
マット・ジェラルド - ハリソン

<構想>
2011年12月1日、ニュー・ライン・シネマが
ジェレミー・パスモアとアンドレ・ファブリツィオが執筆した
脚本を映画化しようとしていると報じられた。
アラン・ローブが脚本の修正を行った後、フリン・ピクチャー・
カンパニーの代表であるボー・フリンが製作費として
1億ドルを出資した。
2012年6月5日、ブラッド・ペイトンが本作の監督に決まった。
同年7月18日、ニュー・ライン・シネマはカールトン・キューズに
脚本の再修正を依頼した。
2013年7月18日、製作サイドがチャド・ヘイズと
ケイリー・ヘイズが3度目の脚本修正を行うと発表した。
2013年10月14日、ドウェイン・ジョンソンが主演を務めることが報じられた。
最終的に、ニュー・ライン・シネマ、フリン・ピクチャー・カンパニー、
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズの3社が共同で本作を制作することとなった。

<撮影>
2013年12月17日、本作の撮影が2014年4月から
オーストラリアクイーンズランド州ゴールドコーストにある
ヴィレッジ・ロードショー・スタジオで行われると報じられた。
また、イプスウィッチとブリスベンでも撮影が
行われることが決まっていた。
2014年3月20日、『Gods of Egypt』の撮影が終わり次第
すぐに本作の撮影が開始されると報じられた。
2014年4月16日、ドウェイン・ジョンソンはTwitterに
撮影のためにトレーニングをする自身の画像をアップロードした。
2014年4月22日、オーストラリア、ロサンゼルス、サンフランシスコ、
ベーカーズフィールドで本作の撮影が始まった。
同年5月12日、ブリズベンの西に位置するロッキャー・バレー
での撮影が行われた。
17日、ベーカーズフィールドにて、ヘリコプターを用いた
撮影が行われた。
6月22日、ブリズベンのエリザベス通りで地震のシーンが
撮影された。7月27日、全てのシーンの撮影が終了した。

<音楽>
2014年7月24日、アンドリュー・ロッキングトンが
本作で使用される楽曲を作曲すると報じられた。

<マーケティング>
2014年3月17日、レイを演じるドウェイン・ジョンソンの
写真が公開された。
同年12月9日、本作のファースト・トレイラーが公開された。
2015年3月9日には、セカンド・トレイラーが公開された。

<公開>
2013年12月5日、ワーナー・ブラザースは本作を
2015年6月5日に北米で2Dと3Dの両方で公開すると発表した。
同年10月21日、ワーナーは本作の北米公開日を
1週間前倒しして、2015年5月29日に変更した。
日本では当初2015年5月30日より公開予定であったが、
2015年4月に一旦延期され、2015年7月に
2015年9月12日の公開が発表された。

<評価>
本作は賛否両論となっている。
映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには35件のレビューがあり、
批評家支持率は50%、平均点は10点満点で5.2点となっている。
サイト側による批評家の意見の要約は「『カリフォルニア・ダウン』は
出演者と特殊効果が素晴らしい映画だ。
しかし、感覚がマヒするような破壊の中で、登場人物とストーリーが
練り上げられたものではないことが分かってしまう。」となる。
また、Metacriticには15件のレビューがあり、加重平均値は44/100となっている。』という。

P9200343.jpg
昨日の朝ごはんは、ピザトーストと、山芋サラダ、
コーンスープと、フルーツヨーグルト、グレープフルーツ、
コーヒー。

晩御飯は、お寿司。
写メ撮ってませ~~ん!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索