甲賀、田村神社

甲賀、田村神社

今日の神戸は、晴れ!
あったかいや!と思っていても、
夕方になると、ドンと冷え込みますね!

今日は、アクアズンバと、プールサイドストレッチ、
水中ウォーキング、平泳ぎ500m、クロール500m、
一旦プールから上がって、ヨガをした後、
この間まで働いていた時の同僚のインストラクターさんが、
私の行っているスポーツクラブで、アクアビクスを教える
というので、またプールに戻ってアクアビクス 
その後、お風呂2時間。
少しは体重落とせたかな?

でも、今日も、晩ごはんの後すぐに、じゃがりこ食べて、
きのこの山と、たけのこの里と、フラン食べて……。
それからビールも!
相変わらず、別腹の方も、食欲旺盛です!

さて、先日行った松茸と近江牛すき焼きの食べ放題の続きのお話は、
甲賀3大佛を巡った後、入場時間を過ぎるので、
忍者村を諦めて、帰途についていると、
午後4時過ぎ、道の駅の向かいに、「田村神社」を発見 
田村神社HPによると、『田村神社は征夷大将軍・坂上田村麻呂公
を主祭神として、嵯峨天皇並びに倭姫命(やまとひめのみこと)をお祭りしております。
<坂上田村麻呂公>
田村神社のご祭神「坂上田村麻呂公」は、平安初期の武人で、
天性の才能に優れ、兵を用いるに神の如くであったと伝えられ、
恒武天皇・平城天皇・嵯峨天皇の三代に仕え、 その忠勲と
蝦夷征伐等のご功績は後世まで高く顕彰され、有史以来
およそ匹敵するものはありません。
征夷大将軍に任ぜられたことは、あまりにも有名です
<由緒>
田村神社は近江国(滋賀県)と伊勢国(三重県)の国境にあり、
古来には都より伊勢へと参宮する交通の要衝でした。
当社の言い伝えによると、「鈴鹿峠に悪鬼が出没して
旅人を悩ましており、嵯峨天皇は坂上田村麻呂公に
勅命を出してこれを平定させた」とあります。
それゆえに、交通の障害を取り除いて土地を安定させた
坂上田村麻呂公の御遺徳を仰ぎ、弘仁3(812)年の正月、
嵯峨天皇は勅令を出して坂上田村麻呂公をこの土山の
地に祀られることとなりました。
<御神徳>
坂上田村麻呂公が鈴鹿峠の悪鬼を平定してよりのち、
作物が実らず疫病が流行しました。
そのため、弘仁3年の正月に嵯峨天皇は詔を出し、
坂上田村麻呂公の霊験を以て厄除の大祈祷が斎行されました。
これにより、坂上田村麻呂公は厄除の大神として崇敬され、
その御神徳は厄除の祖神として崇敬されることとなりました。
また坂上田村麻呂公は、鈴鹿峠の悪鬼を討伐して
交通の安全を保たれたことに加え、延暦年間には
東北に出征され、これを平定されました。
その御神威により、交通安全の神様としても崇敬されています。』という。

田村神社0
国道に面した石の鳥居をくぐります。、 

田村神社 (1)_resized

田村神社 (2)_resized
大変木々に囲まれて静謐とした大変立派な参道です。


田村神社 (3)_resized
拝殿

田村神社 (4)_resized
厄落としの看板には、「福豆授与」とあり、
「田村神社の福豆は厄除招福をご祈祷しておりあす。
古伝により境内を流れる御手洗川に自分の年齢の数の
福豆を流すことにより厄落しになります(橋の上から
落としてください)福豆は社務所にて授与しております、
ご自身及びご家族の福豆(年齢の数)をお受けください。
初穂料二百円」とあります。

面白い風習ですね!
是非やってみなくては 

この神社で毎年節分の時期に行われる「田村まつり」は
大変有名で、厄年の厄除祈祷を始め、厄豆落しなどの
神事が行なわれ、 参道には200店もの屋台が出て、
多くの参拝者で賑わうそうです。

田村神社 (5)_resized
拝殿の後ろに手水舎、先にお参りしてしまった!

田村神社15_resized
授与所前の木は、御神木っぽい!パワーを 
これは神馬でしょうか 

田村神社 (6)_resized
拝殿の後ろの鳥居をくぐった先に、橋が見えます。

田村神社 (7)_resized
福豆GET 

田村神社 (8)_resized
「川に流してください」ということでしたが、川の中央にある
石の何かと、川向うのお社をめがけて、福豆を投げました!
両方1個ずつ入りました 
……でも、ホントは、やっぱり、川に流さなければいけなかった?

田村神社 (9)_resized
川の上流

田村神社 (14)_resized
厄落とし太鼓橋を見上げる

田村神社 (13)_resized
願成就の清め道の先には田村川 
橋の横には、田村川へ下っていくゆるい石畳の坂道があり、
田村川の広い河原が開けています。
「願成就の清め道」だったとは知らなかった!

田村神社 (10)_resized
階段を上ると本殿

本殿階段前には、矢竹があり、
『坂上田村麻呂公が鈴鹿峠の悪鬼を平定した際に、
「今や悪鬼も平定された。
これより後は、この矢の功徳を以て万民の災いを除くこととする。
この矢の落ちた地に私を祀りなさい」と言って矢を放ちました。
その矢は地面に落ち、そこから青々とした芽が生えてきました。
これが現在、本殿前に生えている矢竹です。
当社では、これを田村大神の御心として、ご祈祷の撤下(おさがり)
には竹で奉製した神矢を授与しております。

現在の本殿は平成24年の御鎮座壱千弐百年の記念事業
の一環として、平成23年に造替されたものです。
旧本殿は江戸時代中期に焼失した社殿を再建したもので、
築後260年余りが経過していたことから老朽化しておりました。
新しく造替された本殿も旧本殿を受け継ぎ、
銅板葺き三間社流造の様式を取っています。』という。

田村神社 (12)_resized
吉崎稲荷社

思いがけず、楽しい思い出が出来ました!
これもめぐり合わせかな 



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 



 
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索