島根旅行、石見銀山、龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)

島根旅行、石見銀山、龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)

今日の神戸は、晴れ!
久しぶりにいいお天気になりそうですね!
でも、またすぐ崩れそう!

それにしても、寒いですね 
あったかい日が続いていたので、急な寒さがこたえますね。

彼氏が、石油ファンヒーターの石油を買ってきてくれて、
あったかなんですが、去年買った灯油缶が割れていて、
車の中に石油がこぼれるし、持って帰った石油、
もれるの止められない!
どうしたらいいんでしょう 
大惨事です!

昨日は、ダンス系のエアロビクスと、脂肪燃焼系のエアロビクス、
筋膜ほぐしと、ブルブルマシーンと、ヨガとお風呂。
これで、体重減るはずなんだけど、減ってないってことは、
やっぱり昨日の晩、太り過ぎたんだ!
ホンマね~~
太るのは、こんなに簡単なのに、
どうして痩せるのは、すごく大変なんだろう 

さて、随分間が空いてしまいましたが、島根旅行続きのお話は、
出雲大社の参拝を終え、石見銀山へ向かいます。

出雲大社を後にして、道の駅、キララ多岐に立ち寄りました!
キララ多岐 (1)_resized

キララ多岐 (2)_resized
ここは、ただの道の駅ではなく、きれいな海で泳げたり、
温泉やコテージもあるんですね!

12時過ぎに、石見銀山世界遺産センターに到着 
インターネットで検索したところでは、石見銀山には車で行けず、
ここに停めて、バスに乗るように書いてありました、
でも、実際は、石見銀山の近くまで車で行けますし、大森バス停の近くの
石見銀山公園には、広い駐車場があり、がら空きの状態でした。 

まあ、ともあれ私達はバスにゆられて、大森バス停に到着!
Wikipediaによると、『石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、
戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山
(現在は閉山)である。
上述の最盛期に日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定されるが、
当銀山産出の銀がそのかなりの部分を占めていたという。
大森銀山とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山と呼ばれた。
明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。
鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、
同市仁摩町や温泉津町にも広がっていた。
日本を代表する鉱山遺跡として1969年(昭和44年)に国によって史跡に指定。
2007年(平成19年)6月28日にニュージーランドのクライストチャーチで
開催されていた世界遺産委員会でユネスコの世界遺産(文化遺産)への
登録が決まり、7月2日に正式登録された。
一般に銀山開発においては銀の精錬のため大量の薪炭用木材が必要
とされたが、石見銀山では適切な森林の管理がなされたことにより
環境への負荷の少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には
広葉樹などを含む森林が残されてきている点が特に評価されている。
2007年には日本の地質百選にも選定されている。
初期には仙ノ山山頂付近から自然銀に富む福石(ふくいし)が主に産出し、
開発が進行するにつれ地下深くなり、銀を多く含む黄銅鉱、黄鉄鉱、
方鉛鉱などの永久鉱床の採掘に移行していった。』という。

今回は、ヘルメットに長靴、そして懐中電灯を持って、ガイドさんに
案内される石見銀山遺跡の中でも最大級の規模の大久保間歩に
行くのはやめて、龍源寺間歩に行くことにしました!

大森バス停の横には、レンタサイクルのお店。
普通の自転車と、電動自転車のレンタルをやっているのですが、
龍源寺間歩まで行くには、かなりの登り坂!少し料金はお高く
なりますが、断然!電動自転車がオススメです 
それに、思ったより時間がかかりません。
1時間ちょっとぐらいでしょうか。
ただし、電動自転車の台数に限りがあり、戻って来るのを
待たなければなりませんでした。
電動レンタサイクルで出発!めっちゃ快適です!
電動自転車が、こんなに楽だなんて知りませんでした!
レンタサイクル屋さんには、八兵衛くんという、
めっちゃ人懐っこい猫ちゃんがいます!

龍源寺間歩 (1)_resized
龍源寺間歩入場受付 

龍源寺間歩
龍源寺間歩入口 

龍源寺間歩 (2)_resized
坑道を歩くと、いたる所に掘削跡があります。

龍源寺間歩 (3)_resized
★龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)   
『龍源寺間歩は1715年に開発された代官所直営の坑道で、
大久保間歩に次いで長く600mもあります。
龍源寺間歩は中に入って見学する事ができ、通り抜けコース
となっている坑道は全長約273mで、途中157mのところから
新しく開削した栃細谷新坑(とちばたけしんこう)を通って出口に向かいます。
内部はノミで掘った跡が当時のままの状態で残っています。
また、古文書の石見銀山絵巻が電照板で展示してあり、
当時の坑内の様子を知る事ができます。
[住所]島根県大田市大森町[入場料]大人400円 小人200円
[入場時間]9:00~17:00(11月24日から3月19日は~16:00)
[TEL]0854-89-0347(入口側)、0854-89-0117(出口側)』という。

龍源寺間歩 (4)_resized

龍源寺間歩 (6)_resized

龍源寺間歩 (7)_resized

龍源寺間歩 (8)_resized

龍源寺間歩 (9)_resized

龍源寺間歩 (10)_resized
上りスロープ

龍源寺間歩 (11)_resized
入口と出口は別の場所です。

龍源寺間歩 (12)_resized
出口から、入口近くの自転車を置いた場所まで下っていきます。

龍源寺間歩 (13)_resized
金槌でたたくと香りの出る石を売るお店



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索