島根旅行、琴ヶ浜海岸と、琴姫伝説と、十楽寺 十一面千手観音の怪

島根旅行、琴ヶ浜海岸と、琴姫伝説と、十楽寺 十一面千手観音の怪

今日の神戸は、晴れ!
寒いけど、とってもいいお天気のようです。
今年は、まだ紅葉狩りに行っていないので、出かけてこようかなぁ!

ところで、以前に、このブログでも紹介した「甲賀三大佛巡り」
最後に訪ねた十楽寺さんの十一面千手観音さんのお写真を
彼氏がスマホの待ち受け画面にしていたそうなんですが、
そこに、最初はなかったのに、十一面千手観音さんの
向かって左の手の下あたりに、人の鼻の一部と、口が
浮かんできたというのです!
見せてもらうと、確かに、十一面千手観音さんの方を向いた
顔の一部のようなものが見えます。
彼氏は、気持ち悪がっているんですが、
これって、やっぱり心霊写真なのかなぁ 
消去しちゃっていいのものなんだろうか 
私は、生憎、千手観音さんの写真を撮らなかったので、
確認できないんですが……。

さて、島根旅行続きのお話は、
仁摩サンドミュージアムに1時間ほど滞在して、
次は、雨が少し降ってきたのを気にしながら、
琴ヶ浜海岸へ向かいました。
車で10分ということでしたが、ちょっと場所が
わかりにくかったせいか20分ほどかかりました。

琴ヶ浜海岸 (5)_resized
琴ヶ浜海岸到着 
もう5時前です。
ぽちぽち降り出したせいもあり、青い空と海は、
見ることが出来ません。
泳げるようなのですが、傍の駐車スペースには、
数台しか停められないので、夏はどうするんだろう 

琴ヶ浜海岸 (1)_resized
雨がポツポツ降っています。
砂が湿っていると、鳴らないということですが、
つま先を強くたたきつけるようにしながら歩くと、
キュッキュッと音がしました。

琴ヶ浜海岸 (4)_resized
ちょっと楽しくて、そこらへんを小走りで、キュッキュッ!
いいお天気だったら、気持ちいいのにね~~!

琴ヶ浜海岸 (2)_resized
『延長2Km。この海岸は、歩くとキュッキュッと琴の音のように鳴り、
美しい微小貝を含んだ「鳴り砂」の浜として知られています。
音は最も美しい音色のミュージカルサウンドで、
気の遠くなるような大自然の営みが生み出した「妙技」「至宝」
とさえ言えるでしょう。』という。

◆琴姫伝説(温故知新の贈り物)、HPによると、
『壇の浦の源平の戦に敗れ、この地に流れ着き、
村人に助けられたお礼に、毎日琴を奏でていた平家の姫が
亡くなって以来・砂の浜が琴の音のように鳴くようになった
という琴ヶ浜海岸。
これは、姫の魂がこの浜にとどまって、村人たちを
慰め励ましてくれているのではと……。
馬路の人々のやさしさを象徴する言い伝えとなり、この浜を
琴ヶ浜、そして姫を琴姫と呼ぶようになりました。
一度この砂の町を訪れてみてください。
ゆるやかな砂の流れが、あなたを悠久の時の流れのなかに誘います。
あなたはもう以前のあなたではないことに、きっと気づくでしょう。
自然に帰り、自然にじかに触れてみることで、あなたはやがて、
新しい可能性に出会います。
“古きを温ね、新しいきを知る”「仁摩」からあなたへ
温故知新の贈り物です』という。

誰もいない海岸で、琴ヶ浜独占でした!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索