PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜

PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜

今日の神戸は、曇のち晴れ! 
雨が降らなかったらうれしいんですが。
それにしても、最近、またあったかいですね 
11月も終わりだというのに、薄いTシャツ1枚でもいい感じ。
季節感がおかしくなりますよね!

昨日は、「PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜」
観に行ってきました!
PB230993.jpg
Wikipediaによると、
『「PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜」原題:Pan)は、
2015年のイギリス・アメリカ合衆国合作の冒険ファンタジー映画である。

ジェームス・マシュー・バリーによる戯曲「ピーター・パン」の物語を基に、
主人公ピーター・パンの生い立ちから、彼がネバーランドを訪れ、
永遠の少年となるまでを描いている。

<ストーリー>
第二次世界大戦中のロンドン。12年前に母メアリーによって
孤児院に預けられたピーターは、夜な夜な孤児たちが
姿を消すことに疑問を抱き、友人のニブスと共に真相を突
き止めようとしていた。
ある日の夜、孤児院に空飛ぶ海賊船が現れ孤児たちを攫っていく。
海賊から逃げようとするピーターだったが、海賊と手を組んでいた
バーナバスによって海賊に突き出されネバーランドに連れて行かれる。

ネバーランドには、島を支配する海賊・黒ひげによって世界中から
孤児たちが集められていた。
黒ひげは妖精の粉の力で不老不死の力を得ようとしており、
妖精を狩り尽くしてしまったため、孤児たちを使って妖精の粉が
宿る石を採掘させていた。
ピーターも採掘に駆り出されるが、掘り出した石を他の男に
横取りされ抗議するが、逆に盗人扱いされ処刑されることになり、
黒ひげによって母船から突き落とされるが、ピーターは空を飛び
死ぬことはなかった。

ショックで気を失ったピーターは、目を覚ますと黒ひげの部屋に
運び込まれていた。
黒ひげはピーターを、原住民の言い伝えにある「黒ひげを倒す
空飛ぶ少年」と確信し、ピーターを牢獄に閉じ込めてしまう。
そこに、採石場で出会ったフックが現れ、島からの脱走を持ち掛ける。
ピーターは「一緒に母メアリーを探すこと」を条件に受け入れ、
フックは牢獄を爆破してピーターと脱走する。
2人は成り行きで逃亡を手助けしてくれたスミーも加えて海賊船の
強奪を試みるが、ピーターは空を飛ぶことが出来ず、仕方なく
フックは自力で海賊船を強奪し脱出に成功するが、約束を反故
にしようとしてピーターと口論している最中に追っ手の砲撃を
受け森に墜落してしまう。

森に墜落したフックとスミーは、ピーターを原住民の集落に連れて行き
「言い伝えの少年」を引き渡して褒美を貰おうと考えるが、
原住民の王女タイガー・リリーによって「海賊の一味」として捕えられ
処刑されそうになる
。しかし、ピーターがメアリーから託されたフルート型のネックレスを
付けていたことを知ると、原住民は処刑を取り止める。
ネックレスは妖精の王国への道標であり、ピーターは族長から
「メアリーは妖精の王子と恋に落ち、黒ひげから守るため、
生まれた子を人間の世界に隠した」と告げる。

ピーターは「言い伝えの少年」であることを証明するため、
3日の間に空を飛ぶことを指示されるが、空を飛ぶことが出来ずにいた。
そんな中、集落から離れ森に迷い込んだスミーは黒ひげに
捕まり殺されそうになったため、寝返って集落の場所を密告する。
黒ひげは手下を引き連れ集落を襲撃し、族長を殺して妖精の王国
の場所を聞き出そうとする。
ピーターはフック、タイガー・リリーと共に脱出するが、黒ひげから
「メアリーは自分が殺した」と告げられショックを受ける。
ピーターたちは妖精の王国に向かう途中で巨大なワニに襲われるが、
人魚によって助けられる。
ピーターは人魚の力を借り、メアリーが原住民と妖精を守るため
黒ひげと闘い死んだことを知る。
一方、難破した船を見付けたフックは「自分がいた世界に帰る」と
言い出し、2人と別れる。
妖精の王国の入り口に到着した2人は王国に入ろうとするが、
そこに黒ひげが現れ侵入を許してしまう。

王国に侵入した黒ひげは妖精狩りを始め、用済みになったピーター
を殺そうとするが、そこにフックが現れピーターを助け出す。
黒ひげはフックの船を砲撃し撃墜するが、フックは空を飛ぶように
なったピーターに助け出される。
ピーターはティンカー・ベルら妖精たちの力を借りて黒ひげたちを
追い込み、壁に激突し浮力を失った母船は黒ひげと共に墜落する。
妖精の力でピーターはメアリーの魂と会話し、彼女から
「ピーター・パン」の名前を贈られる。

ピーターはフック、タイガー・リリーと共にロンドンを訪れ、
ニブスたち孤児をバーナバスの元から連れ出し、ネバーランドに向かう。
ピーターはフックに「これからも僕達は友達?」と問い掛け、
フックは「勿論だ」と答え、ネバーランドに向けて舵を切る。

<キャスト>
※括弧内は日本語吹き替え
ピーター - リーヴァイ・ミラー(英語版)(山田瑛瑠)
黒ひげ - ヒュー・ジャックマン(内田直哉)
ジェームズ・フック - ギャレット・ヘドランド(成宮寛貴)
タイガー・リリー - ルーニー・マーラ(水川あさ)
サム・スミーゲル - アディール・アクタル(英語版)(ふくまつ進紗)
ビショップ - ノンソー・アノジー(英語版)(楠見尚己)
メアリー - アマンダ・サイフリッド(坂本真綾)
バーナバス院長 - キャシー・バーク(磯辺万沙子)
ニブス - ルイス・マクドゥーガル(西田光貴)
人魚 - カーラ・デルヴィーニュ
クワフ - ナ・テジョー(英語版)(横山太一)
族長 - ジャック・チャールズ(英語版)(小室正幸)

<製作>
本作の脚本は2013年のハリウッドのブラックリストに
掲載された。
2014年1月、ギャレット・ヘドランドが若い頃のフック船長を
演じるとの報道があった。
同月24日、ヒュー・ジャックマンが黒ひげ役で本作に出演すると
正式に発表された。
2月にはピーター・パン役の募集が始まり、3月にリーヴァイ・ミラー
(英語版)が選出された。
4月には、アマンダ・サイフリッドの出演が決まった。
8月、カーラ・デルヴィーニュが人魚役に選出された。

ルーニー・マーラがタイガー・リリーを演じるとの報道が出た後、
批判が相次いだ。
白人女優がネイティブ・アメリカンの女性を演じることに対する
批判である。
タイガー・リリーを演じる候補としてはマーラの他にも、
ルピタ・ニョンゴ(黒人)とアデル・エグザルホプロス(白人)
の名前が挙がっていたが、ワーナー・ブラザースはネイティブ・
アメリカンの女優を起用することを検討していなかった。
この報道を受けて「ハリウッドではネイティブ・アメリカンの女優が
主演を務めることはほとんどない。」「今回のキャスティングは
ハリウッドで働くネイティブ・アメリカンの女優から一つの仕事を
奪ったというだけではなく、映画におけるネイティヴ・アメリカンの
不可視化を永続させることにつながる。」などの批判が寄せられた。
こうした批判に対し、ジョー・ライト監督は「私は国際性と人種性
に富んだ世界を造ろうとした。」と述べた。
この発言に対しては、「主役4人をはじめとするほとんどの
キャラクターが白人俳優で占められている。」との批判が出た。
このような事態を受けて、キャスティング変更を求める数千人
の嘆願書がワーナーに提出された。

1953年にディズニーが公開したアニメ映画「ピーター・パン」
におけるネイティブ・アメリカンの描写も人種差別的であると
批判されている。
タイガーリリーにルーニー・マーラを起用したのはこれを
踏まえてのことなのではないかという主張が出た
。つまり、「ワーナーはインディアンを白人に置き換えることで、
部族の描写が人種差別的になることを避けようとしたのだろう。」
という主張である。

<公開>
2013年12月12日、本作の配給権を持つワーナー・ブラザースは
本作の北米公開日を2015年6月26日に決めた。
その後、「アントマン」や「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
との競合を避けるために公開日は数回変更され、最終的には
2015年10月9日となった。
公開日延期を受けて、編集や視覚効果といった
ポスト・プロダクションの作業が追加された。
2015年9月24日、本作はオーストラリアでプレミアを迎え]。

<興行収入>
プレミアを迎えたオーストラリアでは、その週末が秋休み
と重なったこともあり、本作は公開初週末に150万ドルを
稼ぎ出した。
本作は2015年10月9日に北米3515館で公開され、公開初日
に522万ドルを稼ぎ出した。
最終的に公開初週末には1553万ドルを稼ぎ出し、
週末興行収入ランキング3位となった。
しかし、この数字は公開3週目の「Hotel Transylvania 2」が
記録した2030万ドルより低い数字であった。

<評価>
本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトの
Rotten Tomatoesには111件のレビューがあり、
批評家支持率は23%、平均点は10点満点で4.5点となっている。
サイト側による批評家の意見の要約は「『PAN ネバーランド、
夢のはじまり』はCGを用いた切れのあるアクション要素と
畳みかけるような展開の脚本が魅力だ。
しかし、それらをもってしても、古典的児童文学の前日譚としての
不発感は消えない。」となっている。
また、Metacriticには33件のレビューがあり、加重平均値は34/100
となっている。なお、本作のシネマスコアはB+となっている。
本作は「ターミネーター:新起動/ジェニシス」や
「ファンタスティック・フォー」と並んで、2015年を代表する不発映画
の一本に挙げられている。』という。

批評にあるようなヒドイ映画だとは思いませんが。
映像はきれいだったし、楽しめました。
ストーリーで、ちょっと説明不足とか、いろんな不満は
ありましたが、まあ、全てに満足な作品って、ほぼないと思うし。
ただ、これって、子供が観ても楽しいのかなぁ 
そういう面で、ちょっと中途半端だとは思うけど。
ピーターパンの人格は、もっとファンタジーでいいのかも 



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索