甘酒ダイエット

甘酒ダイエット

今日の神戸は、雨!
また梅雨が戻ってくるようですね。

昨日は、ZUMBA♪と、エアロサーキットと、ピラティス、
筋膜ほぐしと、ブルブルマシーンと、お風呂。
早速キャビスパ持って行くの忘れた!
水曜日は、お買い物DAYで、運動とかしなかったんだけど、
2kgも太ってた!
おやつの食べ過ぎ 

ところで、甘酒買いました~~
P7071939_resized.jpg
甘酒って、おいしくなくて、嫌いな味っていう記憶があるんだけど、
美容と健康にいいというので買ってみました。
ダイエットにもいいそうですね!

welqさんのHPNいよると、
 https://welq.jp/18754
ダイエットだけでなく、健康にも美容にも大きな効果があると
いわれている「甘酒ダイエット」が注目を浴びています。
果たしてその驚くべき効果とは?
この記事では、ダイエットの方法から秘密まで詳しく紹介します!

★甘酒ダイエットとは?
甘酒ダイエットとは1日1食を甘酒に置き換える 
ダイエット方法です。
甘酒と言ってもアルコールを含まないものもありますから、
朝仕事に行く前に飲んでも問題ありません。
甘酒は健康と美容にとても効果があると言われているので、
健康的にキレイに痩せたい方の間で「甘酒ダイエット」が注目を
浴びるようになりました。

甘酒は大きく分けて2種類あります。
どちらも栄養価が高くカロリーも同じですが、大きな違いは
アルコールと砂糖が入っているか入っていないかです。
ダイエット中にこれは見逃してはいけないポイントですね。

甘酒ダイエットは毎日それを飲まなければならないので
アルコール入りの甘酒はすすめられません。
そして、ダイエット中ですから糖質はなるべくひかえたいところです。
糖質が入っていないものがあるならそちらを選ぶのが賢明ですね。
ということで、ノンアルコールで糖質の入っていない「米麹」から造られた甘酒の使用をオススメします。
糖質が入っていなくても「ブトウ糖」が含まれているので、ブドウ糖による
甘みと、お米から引き出される自然な甘みもありますから味に関しては
心配ないようです。

★甘酒ダイエットが痩せる5つの理由
1. 糖質や脂肪をエネルギーに変える「ビタミンB群」がたっぷり含まれている
ビタミンB群は、体内の糖質をエネルギーに変えるために
大切な代謝作用があります。
甘酒には、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、
イノシトール、ビオチン
などのビタミンB群が
たくさん含まれていることから、体内に糖質がたまるのを防ぐ ことができます。

そして、イノシトールは血管や肝臓の脂肪の流れを良くする
働きがあるので、肝臓に余分な脂肪がたまるのを防ぐ こともできます。
結果的に、これらの栄養素の働きが身体全体の新陳代謝を
高めてくれるので、カロリーを消費しながら痩せ体質
を作ってくれるのです。

2. 糖質や脂質をエネルギーに変える「酵素」がたっぷり含まれている
酵素も代謝には欠かせない大切な栄養素の一つです。
甘酒には、代謝に関わる酵素がなんと100種類以上も含まれています。
特に、脂肪分を消化してエネルギーに変えてくれる酵素
リパーゼ」には、皮下脂肪や内蔵脂肪を燃焼すると言われています。

酵素α-グルコシダーゼが生成する「α-エチルグルコシド
と言う物質には体重増加を抑制する効果があります。
さらに、酵素によって消化・吸収・代謝が促進されることから、
腸の働きも刺激され活性化されます。
腸の健康は、溜まった老廃物や毒素の排出を助けてくれるの
でダイエットに大きく貢献してくれますね。

逆に、体内の酵素が減ってくると代謝が悪くなり、
どんどん老廃物や毒素が溜まり太りやすい体質になってしまいます。

3. 体内では生成できないアミノ酸がたっぷり含まれている
アミノ酸にも、ダイエット中に嬉しい作用がたくさんあります。
甘酒には、体内で合成することができない、トリプトファン
・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・バリン
・ロイシン・イソロイシン・ヒスチジンの
9種類の必須アミノ酸
をはじめ、
その他のアミノ酸が豊富に含まれています。
具体的には以下のような効果が期待できます。

成長ホルモンの分泌を促進し、脂肪分解酵素を活性化する。

内臓の働きを活発にして、消費エネルギー量を高める

血液中の中性脂肪やコレステロールをコントロールして、脂質代謝を促す

自律神経系をおだやかにして、リラックスさせる効果がある。

4. 腸内を整えるオリゴ糖や乳酸菌がたっぷり含まれている
腸内環境が整うと、腸の活動も活発になり便通がよくなります。
便秘の解消を期待できるだけでなく、代謝や循環作用も
あがるので痩せやすい体質になります。
甘酒に含まれる乳酸菌は、「植物性乳酸菌」です。
植物性乳酸菌は、胃酸や胆汁に強いので生きて腸まで達する
確率が高いと言われています。
生きた乳酸菌による整腸作用と便通改善効果が期待できますね。

さらに、甘酒には大腸まで届く「オリゴ糖」も含まれています。
オリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌のエサになり、
腸内でどんどん善玉菌を増やしてくれます。
それが整腸作用やなつながりへ解消にも貢献してくれるわけです。
甘酒はいつ飲んでも良いとされていますが、便秘解消には
飲むことが勧められています。
活動を開始する朝に飲むことで、身体も温まり内臓の動きも良くなりそうですね。

5、満腹効果がある
甘酒が甘いのはブドウ糖のおかげです。
ブドウ糖は、すぐにエネルギーに変わってくれるという優れた一面もあります。
身体はまずブドウ糖をエネルギー源として使い、ブドウ糖が
なくなったら脂肪を燃焼してエネルギーにします。
体内に糖質が溜まるを防ぐことができるのでダイエット中には嬉しいですね。

そして、ブドウ糖をとるとすぐに血糖値を上昇させることから、
満腹感を得ることが出来ます。
それが甘酒の満腹効果の仕組みです。
ダイエット中の朝食やおやつ代わりとして飲むこともできますね。

★甘酒ダイエットのやり方
1日1食を甘酒に置き換えることによって、大幅なカロリーカットをすることができます。
1日のうちにいつ飲んでもいいですが、朝食代わりに
飲むことがよく勧められます。
ブドウ糖によって血糖値があがり、満腹感を感じ、さらには
腸の働きも整えてくれます。良い1日が送れそうですね。

おやつ代わりにも最適です。
人肌に温めたものをゆっくり飲むことで、お腹が満たされて
間食衝動を避けられます。
甘みもあって食べ過ぎることもない、ホットで飲めば
身体も温まってブレイク時には嬉しいですね。


★ダイエット効果をより高めるための5つの方法
1.生の甘酒を選ぶ

生の甘酒とは、熱殺菌処理や甘味料を一切使用してないものです。
アミラーゼなどの酵素は特に生の甘酒にたくさん含まれているので、
ダイエットに向いていると言えます。
しかし、市販で売っている甘酒のほとんどには味の変化が
起きないようゆ加熱してあります。
そのために、ビタミンが変成し、微生物も死んでしまい、酵素の
働きも減る、またはなくなってしまいます。
そこでオススメするのは、この生の甘酒、自分で作りましょう。

生甘酒の作り方 (*発酵器が必要です)
材料はお水と麹だけです。
麹には乾燥のものとのものがありますが、
スーパーなどで簡単に手に入るものは乾燥した麹です。
生のものは取り寄せになります。

1. お水と麹を混ぜ合わせます。混ぜる分量の比率。
お水: 乾燥麹 = 2:1 お水: 生麹 = 1:1

2. 発酵器の温度を60℃、保温時間を4時間にセットする。

3. 出来上がったら冷ましてから冷蔵庫で保存しましょう。
1週間以内に使い切るようにしましょう。

麹とお水に「お粥」を加えて生甘酒を作ることもありますが、
それはお粥を入れることで分量を増やすためです。
お粥なしで作った方が甘みが増すだけでなく早く作ることができます。

★甘酒が苦手な方必見!色々混ぜて効果アップを!
甘酒がいかにダイエット効果のあるものか、という点について
これまでさんざん取り上げてきましたが、甘酒が苦手・嫌い
という方もたくさんいますね。ダイエットは諦めたくないけど、
甘酒は飲みたくない、そんな方にオススメの嬉しいアイデアをご紹介します。

豆乳を加えて美肌効果も抜群!
甘酒のクセ隠しには豆乳を加えるのがオススメです。
マイルドな味わいになり、ホットでもアイスでも美味しく飲めます。
豆乳は、女性ホルモンのバランスを整える効果もあり、
ダイエット効果だけでなく美肌効果も期待できます。

生姜を加えて血行促進効果
甘酒の香りが苦手な方も、生姜をプラスすれば大丈夫!
生姜には、身体を温め、血行促進と発汗を促す効果があります。
体温が1度あがるだけで、カロリー消費量が300kcal
前後増え
ると言われています。で
すから、身体もが温まっていたほうが、活動量が同じでも
瘦せやすいということですね。
さらに、リラックス効果もあるので眠れない夜にもオススメです。

ココアを加えてさらなる便秘解消効果!
ココアは甘酒の香りをカバーしてくれるので、
甘酒の香りが苦手な人でも飲みやすくなります。
ココアは、食物繊維が多く、甘酒と組み合わせることで、
ダブルで腸を刺激する便秘解消効果を期待できます。
バナナも一緒に入れて、チョコバナナ風に仕上げるのもいいですね。

酒粕で作られた甘酒を選ばない
酒粕で作られた甘酒にはお砂糖が入っています。
ダイエット中なんですから、お砂糖の入っていない甘酒を選びましょう。
米麹で作られた甘酒には、ブドウ糖が入っていますが、
すぐにエネルギーとして代謝されるので脂質が溜まってしまう心配もありません。

玄米甘酒にしてダイエット効果アップ!
最近では「発芽玄米甘酒」や「黒米甘酒」
「十穀甘酒」
など原材料がお米ではないものがたくさん出ていて、
どれも美味しく飲めるように工夫がされてきました。
なかでも「玄米甘酒」が、美容と健康におおきな効果を出すだけでなく、
優れたダイエット効果が期待できることが知られりようになり注目を浴びています。

普通の甘酒と玄米甘酒の違いは材料です。
玄米甘酒は玄米と糀から作られ、糖類とアルコール分は含まれています。
子どもから大人まで安心して飲むことができます。
玄米甘酒には、ブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群の他に
シミやクスミの予防に良いとされる抗酸化成分が含まれています。
さらに、老化を予防するアルブチンやフェルラ酸などの美容に嬉しい成分も含まれています。

美味しくなかったら続かない、ということで玄米甘酒を美味しく作るポイントをご紹介します。
玄米はもち米タイプを使うと甘みがアップします。

米麹は乾燥タイプよりも生麹の方がおいしく作ることができます。

◎ 乾燥タイプの米麹を使用する際は記載された通りの方法で元に戻しておきましょう。

お粥をミキサーにかけると、かたい玄米の殻を壊し、
発酵を促進することができるので甘い甘酒が完成します。

◎ 麹菌は60度以上のお粥に入れると死んでしまうので、
60度以下まで下げてから加えるのを忘れないようにしましょう。

◎炊飯器に長時間保温してしまうと、乳酸菌が増えて酸味が
増してくるので、できあがったらすぐに冷蔵庫で保管しましょう。
冷蔵庫での保存期間は1週間程度が目安です。

リバウンド防止するために
リバウンドを防止するために「毎日続ける」ことが必要です。
毎日続けるためには、自分にとって一番飲みやすい時間と
場所を決めてることが必要です。
夏場であっても冷蔵庫で冷やして美味しく飲むことができるので、
とにかく「続ける」が重要なポイントになってきます。

リバウンドとは、ダイエットをやめた途端に体重が以前と
同じに戻る、もしくはそれ以上に増えてしまうことです。
リバウンドを繰り返してしまうと太りやすく痩せにくい体質
になってしまうので注意しましょう。

リバウンドする原因は幾つかありますが、満腹中枢を
刺激する「レプチン」
という物質が関係しているようです。
レプチンは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されます。
ダイエット中に食事の量が減るとレプチンの分泌量も減ります。
ダイエットが中断されて通常の食事の量に戻ったとき、
レプチンの量が再び増えて安定するまでには約1カ月程かかります。

この1カ月の間はレプチンの量がまだ少ないので、食事の量を
元に戻してもなかなか満腹感を感じることができず、
食べ過ぎてしまうことが多いです。
それゆえにリバウンドしてしまう危険があります。
甘酒ダイエットは、1食を起きかえるので、量に違いが大きくで
るので、リバウンドには気をつけなければいけないのは
一目瞭然ですね。
ダイエットを終えても1カ月は油断禁物です。

★甘酒ダイエットをする時の注意点
◎飲むタイミング
1日のうちいつ飲んでも良いとされていますが、
基本は1日1食を甘酒に置き換えることです。
健康にも美容に最も効果的なのは朝飲むことといわれています。
生活スタイルによって、朝よりも夜の方がいい場合もあるでしょう。
夜飲む場合は、就寝の数時間前に飲むのがベストです。

初めてダイエットをされる方もそうでない方も、寝る前に
甘いものを食べたり食事をするのはよくない、と頭では
知っているものの夜間のデザートが実は楽しみでもある人、
たくさんいますね。
寝る前に甘いものを食べてしまうと寝ている間に、
脂肪として身体に蓄積
されてしまうので、
寝る数時間前までに飲むのが良いでしょう。

◎温めすぎない
甘酒に豊富に含まれているビタミンB群や酵素はダイエットに欠
かせない物質ですが、熱に弱いという特徴があります。
加熱しすぎたり温めすぎると、せっかくのビタミンBや酵素が
失われてしまいます。
目安は60度以下といわれていますが、温めて飲むときは温めすぎないようにしましょう。

◎飲む量について
おちょこ一杯からコップ一杯が目安です。
カロリーは100g 81kcalでしたね。
それを忘れずに飲み過ぎにはきをつけましょう。

◎保存について
スーパーやコンビニなどで手軽に買える甘酒ですが
缶や瓶で売られているものは開封後は冷蔵庫に保存し
早めに飲み切るようにしましょう。
カビが生えやすいので特に瓶のものは数日に渡って飲むよ
うなことは避けたほうが良さそうです。

★甘酒の種類とカロリー
◎酒粕から作られる甘酒
甘酒の多くは酒粕から作られています。
アルコールが含まれているので子供は飲むことは出来ません。
酒粕にお砂糖を加えて作られています。
カロリーは100g あたり81Kcalです。

◎米麹から作られる甘酒
米麹から作られた甘酒は、お米に米麹を加えて作られます。
お砂糖を加えないので、麹が引き出した自然なお米の甘みです。
アルコールは入っていません。
カロリーは100g あたり81Kcalです。

★甘酒ダイエットお勧めレシピ6選!
炊飯器で簡単に作れる自家製甘酒
<材料>
・お米 1合
・米麹 100g
・お水 適量

<作り方>
1. 米麹の塊をあらかじめ手でほぐし、炊飯器に研いだお米を入れて「おかゆ」の水加減でおかゆを作ります。

3. 60度以下になるまで冷ましてから米麹を加えてよく混ぜます。

4. 炊飯器の蓋を半開きにして上から付近をかけ、保温にセットして8時間おいてできあがり。(*途中で一度全体をかき混ぜてください。)

◎冬の朝にオススメな大根入り甘酒
<材料>
・炊いたお米 小さじ1〜2
・酒粕 20g
・お水 120ml
・三温糖 大さじ1半
・大根おろし 小さじ2
・生姜すりおろし 少量

<作り方>
1. 酒粕、お水、三温糖を耐熱容器に入れて電子レンジで3分加熱します。(600W)

2. 耐熱容器からボールに移し、全体がどろっとなるまでよくかき混ぜます。

3. お好みで大根おろし、生姜、お米を加えてできあがり。

◎暑い日にはスッキリと桃の冷甘酒
<材料>
桃 適量
缶詰の甘酒 1缶

<作り方>
1. 適当な大きさに桃をカットします。

2. 甘酒と切った桃をフードプロセッサーに入れてよく混ぜます。

3. 氷を入れたグラスに注いでできあがり。

◎玄米を使った甘い玄米甘酒
<材料>
・玄米 1合
・お水 600ml
・米麹 1合

<作り方>
1. 玄米とお水を土鍋にいれて、お粥をたきます。

2. お粥が60度以下になるまで冷やしてから、ミキサーにかけます。

3. 米麹を加えて混ぜてから、ヨーグルトメーカーの器にいれて温度を60度に設定し10時間保温してできあがり。

◎ココアを使ってるから甘酒が苦手でも飲めちゃう甘酒ココア
<材料>
缶詰の甘酒 1缶
ココアパウダー 大さじ1
牛乳 適量

<作り方>
1. 甘酒大さじ1とココアパウダーをお鍋で練ります。

2. 滑らかに混ざったら弱火にかけて牛乳と残りの甘酒を入れてできあがりです。加熱しすぎると酵素が死んでしまうので人肌くらいがちょうどいいでしょう。

はちみつと生姜の甘酒
<材料>
・酒粕 20g
・お水 100cc
・はちみつ 小さじ2
・生姜すりおろし 小さじ1/2
・塩 少々

<作り方>
1. お鍋に酒粕とお水を入れて弱火にかけます。へらで混ぜながら酒粕が溶けるまでが目安です。

2. ひと煮立ちしたら、はちみつと生姜をいれてできあがり。沸騰させることでアルコールを飛ばすことができます』という。

みなさんも、甘酒生活いかがですか 

P7071940_resized.jpg
昨日の晩ごはんは、久しぶりのオムレツ!
合挽きミンチと玉ねぎ、しめじ、チーズ入り
シーチキン&ポテトサラダ、豆腐、えりんぎ、ワカメのお味噌汁、
しらすと高菜のピリ辛ごま油炒めご飯。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索