インデペンデンス・デイ: リサージェンス

インデペンデンス・デイ: リサージェンス

今日の神戸は、晴れのち曇。 
またお天気下り坂になるようですね。

昨日は、インデペンデンス・デイ: リサージェンス4DX観に行って来ました~~!
P7100004.jpg

P7100003.jpg
4DX初体験 
入口の横に、ロッカーがあって、荷物を預けられるようになっています!

Wikipediaによると、
『「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」(原題: Independence Day: Resurgence)は、
2016年のアメリカ合衆国のSF映画。配給は20世紀フォックスが担当する。

1996年の「インデペンデンス・デイ」の続編。
監督は前作と同じローランド・エメリッヒが担当し、
ビル・プルマン、ジャド・ハーシュ、ジェフ・ゴールドブラムなど、
前作に出演した俳優陣の多くが出演するが、前作の主人公
ヒラー大尉(演:ウィル・スミス)は、戦闘機のテスト飛行中に
事故死したという設定で、本作には登場しない。

<あらすじ>
1996年に起こったエイリアンの侵略から約20年、勝利した人類は
撃墜したエイリアンの船の残骸から彼らの技術の一部を吸収し、
それを元にして人類文明は大幅な進歩を遂げた。
そして新大統領の指揮の下、世界各国は団結して再度のエイリアン
の攻撃に備えるための軍備編成にも着手、月をはじめとする太陽系
の各惑星に前線基地を設営し、さらに反重力制御の戦闘機などの
次世代兵器の開発と量産を推し進めていた。

その最中、突如月で謎の出力異常が検知され、あわや宙間ステーション
が月面基地に落下しそうになるという事態が発生するが、月面基地勤務
の新兵であるジェイクの活躍で事なきを得る。
一方、地球でも異変が起こっていた。
地球のアフリカ大陸に落ちていたエイリアンの艦の一つが突然起動した事
を受け前大戦でエイリアンのテクノロジーの一端を解明し勝利に貢献した
デイヴィッド・レヴィンソン率いる隊が調査に赴いて起動した艦のシステム
を調べた所、この船から宇宙に向けてある信号が放たれていた事が発覚、
同時期にはエリア51に監禁されていたエイリアンの生き残り達がいきなり
騒ぎ始めていた事からこれはまだ宇宙に存在するエイリアン軍の本隊への
SOS信号であり、その本隊が地球に接近しているという事実が明らかとなった。

その頃ジェイクは前大戦で米軍を指揮したホイットマン前大統領の娘にして
自身の恋人であるパトリシアと、かつてデイヴィッドと共にエイリアンの
母船撃墜作戦を成功させ、新型戦闘機の試験飛行中に命を落とした
スティーブン・ヒラーの息子ディランと再会する。

土星付近に設営されていた基地からの交信が途絶え、間もなく月
の上空に謎の巨大球体が出現、アフリカでの調査からあの球体は
侵略者のものとは違うと考えていたデイヴィッドの制止も虚しく
大統領の命令により球体は破壊されるが、地球でもホイットモア
前大統領がデイヴィッドと同じ考えを持っていた。

来る2016年7月4日のアメリカ独立記念日、現大統領の演説が行われ
ている中、デイヴィッドはジェイクと共に月面で破壊された球体の残骸
を調査し、そのコアと思しき部位を発見するが、そこに遂にエイリアン
本隊の母船が地球圏に到達。
コアを回収して逃げるデイヴィッドらであったが、母船の引力に引かれて
そのまま捕捉状態になってしまう。
母船は迎撃に出る月面基地を一瞬で破壊し、さらに衛星軌道上に設置
されていた防衛システムも容易く突破して地球に降下、強力な反重力
システムを用いてロンドンはじめとする各国の都市を次々と壊滅状態
に追いやり、地表へと着陸する。

エリア51に監禁されているエイリアンに対するホイットモアの再度の
精神交換と母船のスキャニングの結果、エイリアンには彼らを統率
する“女王”の存在が明らかとなる。
そしてエイリアンらは母船から放つプラズマドリルで地球の核を破壊し、
今度は地球そのものを滅ぼそうと目論んでいた。

女王を倒せば侵略者の侵攻を止められると考えた人類は奇しくも
20年前と同じこの日に反撃作戦を実施、どうにか敵母船からの離脱
に成功したジェイクおよびディランを含めた攻撃部隊が編成され、
女王のいる母船への総攻撃が始められた。

<キャスト>
※括弧内は日本語吹替[4]
ジェイク・モリソン - リアム・ヘムズワース(藤原竜也)
デヴィッド・レヴィンソン - ジェフ・ゴールドブラム(大塚芳忠)
ディラン・ヒラー - ジェシー・T・アッシャー(英語版)(前野智昭)
トーマス・J・ホイットモア元合衆国大統領 - ビル・プルマン(安原義人)
パトリシア・ホイットモア - マイカ・モンロー(坂本真綾)
ランフォード合衆国大統領 - セーラ・ウォード(山口由里子)
アダムズ将軍 - ウィリアム・フィクナー(立木文彦)
ジュリアス・レヴィンソン - ジャド・ハーシュ(清川元夢)
ブラキッシュ・オーキン博士 - ブレント・スパイナー(掛川裕彦)
タナー国防長官 - パトリック・セント・エスプリト(英語版)(蜂須賀智隆)
ジャスミン・ヒラー - ヴィヴィカ・A・フォックス(渡辺美佐)
レイン・ラオ - アンジェラベイビー(小松未可子)
キャサリン・マルソー - シャルロット・ゲンズブール(林原めぐみ)
ディケンベ・ウンブトゥ - デオビア・オパレイ(英語版)(乃村健次)
フロイド・ローゼンバーグ - ニコラス・ライト(松本忍)
チャーリー・ミラー - トラヴィス・トープ(英語版)(石田彰)
ジャン司令官 - チン・ハン(上田燿司)
トラヴィス護衛官 - ベンガ・アキナベ(白熊寛嗣)
グレイ将軍 - ロバート・ロッジア
Dr.アイザックス - ジョン・ストーレー(星野充昭)
サム - ジョーイ・キング(潘めぐみ)
球体の声 - ジェナ・パーディ(御沓優子)

<製作>
企画は2011年に20世紀フォックスから発表された。
この時点では監督のローランド・エメリッヒや前作主演の
ウィル・スミスの参加については未定だったが、2012年には
エメリッヒの参加が決定した。
2013年にはウィットモア元合衆国大統領役のビル・プルマンが
撮影に2014年から入る予定であることや、エメリッヒが前作
から20年後の世界が舞台であることをそれぞれ告白している。

前述したようにスミスは出演しないが、これについてエメリッヒは
「彼は有名すぎるし、ギャラが高すぎる」との理由を挙げており、
スミスも「(続編が)公開されたら、泣きながら観ると思う。
僕のキャラクターの死を知ったときは、とてもつらかったよ」との
感想を述べているほか、エメリッヒとは続編制作について
話し合っていたという。
なお、本作の撮影期間にスミスは同年公開の『スーサイド・スクワッド』
に出演していたそうである。

なお、企画当初は2部構成と発表されていたが、エメリッヒは
「彼ら(20世紀フォックス)は最初に1作だけ作ることに決めたと
思うよ」と、2部構成の実現には成績が必要であることを述べている。』という。

前作も、前作の出演者もよく覚えていなかたので、
そのあたり楽しめませんでした。
前作観てから行けばよかった 

4DXって、3、200円とかなりお高いんですが、
何だか仕掛けがちゃっちいです。
遊園地のアトラクションの方が、まだ楽しめるかも 
ガタガタ動くのも、動きに限度があるので、たいして面白くもなく、
足の下からプシューって出る空気なんて、全く要らない 
耳元からも空気が出てきて、ちょっとびっくりしますが、
特にリアル感と一体化していません。
お水もいっぱい出てきますね!
3Dの効果もイマイチだし、
普通に観て、自分の想像力を掻き立てる方が、
絶対楽しめますね!

ストーリーは、映像がわかりにくい部分があって、
字幕を読むことや、理解しようとすることに
一生懸命になったりして、一部楽しめませんでした。
耳から入ってきた英語がわかるといいんですけどね!

P7100006.jpg
カードもらいました!

晩ごはんは、映画館のあるビルで食べましたよ!
あんまりお店を選べなくて、おいしいものはないんだけど……。
P7100005.jpg
おうどんと、サケトロ・イクラ丼。
炭水化物ばっかりやん!
おまけに、おうちに帰ってからも、
おつまみ&ビール!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索