トルコでクーデター!!!

トルコでクーデター!!!

今日の神戸は、曇ったリ雨が降ったリ。 

昨日は、何度もみーにゃんに起こされて、
3度寝ぐらいしたかな 
お昼過ぎに起きだして、ネットのニュースを見てびっくり 
トルコでクーデター 

私、19日からイタリア旅行に行くんですが、
利用する飛行機が、ターキッシュエアライン 
イスタンブール乗り継ぎ
ヤバイやん
それでなくとも、つい先日も、イスタンブール空港で、
テロがあったばかりで恐いのに!
何でイタリア行くのに、イスタンブール経由 
と思うのですが、そこは、少しでも旅費を安くして、
利益を上げたい旅行社さんの都合でしょうね。
イタリア旅行7日間、現地一人部屋で4泊。
ターキッシュエアラインだと、ローマまで、往復6万ぐらい 
宿泊先も、1泊5000円ぐらいの安ホテル。
それでも、26万盗られているので、旅行社さん、
かなり儲かってる 
まあ、でも、なかなか関西発一人旅ツアーってお手頃なのないのよね。
行ったことあるとこ嫌だしね!

毎日新聞によると、
『【イスタンブール(トルコ西部)大治朋子】夜霧に紛れて戦車が
街中に繰り出すと、身の危険もかえりみず、
市民らが砲口の前に立ち塞がった。
中東の大国トルコで軍の一部が試みたクーデターは、鎮圧された。
「多くの国民が死んだ」−−。
1600人以上の死傷者を出した反乱劇から一夜明けた16日午前
(日本時間同日午後)、国民の怒りと混乱が伝わってきた。

人口約1400万人の最大都市イスタンブール。
記者は16日午前8時(日本時間同日午後2時)過ぎ、市郊外の
サビハ・ギョクチェン空港に到着した。
空港ロビーを出ると、タクシーもバスも待っていない。
「異様な静けさ」を感じた。
多くの到着客が途方に暮れ、携帯電話を取り出して迎えを頼んでいた。
小さな子供3人を連れたアキンさん(38)は「イスタンブールの
自宅に戻りたいが、バスも船も、公共交通機関がすべて遮断
されていて、移動方法がない」とぼうぜんとした。

市中心部へ向かう途中、戦車の上に乗り警戒していた警官の
サメットさん(25)を見かけた。
「我々がここにいるということは安全ということだ」と
政権側の「勝利」を誇らしげに語った。

イスタンブールで「反乱」が起きたのは、週末の夜が深まった
15日午後10時半(日本時間16日午前4時半)ごろ。
軍の一部が各所に戦車を展開させた。
中心部のタクシム広場では15日午後11時ごろから、上空に
ヘリコプターや軍用機が激しく旋回し、プロペラ音やごう音が
鳴り響いたという。
警官数百人が集まって上空に向けて発砲し、夜空に銃声が激しく反響した。

市民の多くが赤地に白の三日月が描かれた国旗を身にまとい、
反乱勢力と向き合った。
要衝ボスポラス海峡にかかる橋、タクシム広場、首都アンカラの街中−−。
非合法の権力奪取に「ノー」を突きつけた。
反乱勢力の一部は市民への発砲をいとわず、各地で流血の事態に発展した。

16日午前になると、反乱勢力の投降が伝えられ始めた。
市民も落ち着きを取り戻し、鎮圧された反乱の背景を自分なりに語り始めた。
タクシム広場に面するホテルの従業員、アティラさん(23)は
「軍の中に潜む、一部のイスラム系過激派がやったという情報もあるようだ。
国民を殺す、残酷な犯罪者だ。こういう事件があると、
人々はもっと団結し、政府を支援するのに分かっていない」と反発した。

かつてトルコ軍は強い権限を持ち、政治介入も珍しくなかった。
それでも現大統領のエルドアン氏が首相として権力の座に就いた
2003年以降は、軍は鳴りを潜めていたかのようだった。
「今回のことには腹も立てているが、とにかく驚いている。
今年で41歳になるが、軍の介入を見るのは初めてだ」。
別のホテルの従業員のサディさんがそう話した。

首都の様子はどうだったか。
「戦闘機が頭上を飛んでいくのを見た。クーデターが
成功しなかったのが、唯一の朗報だ」。
アンカラ市内のホテルで働く35歳の男性従業員は
電話取材にこう語った。』という。
物騒な世の中です。
それにしても、トルコ市民は、勇気があるんですね!
平和ボケした日本では、こうはいかないでしょう。
引きこもって、誰かのせいにするのが関の山 
日本だって、いつ巻き込まれるかわからないのにね 
現実問題、ご近所さんに、しょっちゅう仕掛けられているんですから!

昼の時点で、クーデターのことを知ったので、
旅行どうなるかなぁ?と思ったんだけど、
旅行社に電話してみても、会議でまだ決まってないかな、
と思ったので、様子を見ることにしていたら、
夕方5時過ぎになって、旅行社から電話がかかってきた。
「クーデターは、鎮圧され、飛行機も余栄通り飛ぶので、
引き続きご旅行の準備を進めてください」とのこと。
親に話したら、「旅費は出してあげるから、
行くのやめなさい 」って、止められそうだ。
ホンマでも、こんなに危険な旅になるとは思わなかった!

ということで、取りあえず、洋服の準備とかしましたが……。
まあ、旅行社が催行するって言うんだから……。
何かあった時は、何の役にも立たないでしょうが!

P7160001.jpg
昨日の晩ごはんは、牛肉炒めと、ポテトサラダ。
しじみのお味噌汁。
彼氏が、「ピザでも取る?」
何でピザ 
まあ別に嫌ではないんですが、
冷蔵庫の中を片付けるために作らなきゃね!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索