南イタリアおひとりさま旅Vol.12、ソレントへと、イタリアとミャンマーで地震!

南イタリアおひとりさま旅Vol.12、ソレントへと、イタリアとミャンマーで地震!

今日の神戸は、晴れのち曇。 
相変わらずの猛暑のようです。

昨日の未明(現地時間)に、イタリア中部で、M6.2の地震が発生 
建物が倒壊して、死傷者が出ているというニュースに
びっくりしていたら、夜には、ミャンマーで、
M6.8の地震 
こんなに立て続けに!
お亡くなりになった方の御冥福をお祈りいたします。
被害に遇われた方に、お見舞い申し上げます。

さて、南イタリアおひとりさま旅、続きのお話は、
カプリ島のマリーナグランデ港から、高速艇に乗って、ソレントへ向かいます。
ソレントへ (1)_resized

ソレントへ (2)_resized

ソレントへ (3)_resized
カプリウォッチの派手な船も停まっています。

船のおじさんが、面白い人で、カバンや帽子、アイスや飲み物などを売りに来ます!
港を下りて、トイレがないので、船中で行っておくように言われたんですが、
並んでいて、目の前でシャットアウト!
意外に短い乗船時間で、並ぶ時間も長かったせいですね。

ソレントへ (4)_resized
ソレントのマリーナピッコロ港へ到着 

ソレントへ (5)_resized
港を見下ろす高台に、いい感じのホテルがあります。

ソレントへ (6)_resized
Wikipediaによると、
『ソレント(ソッレント、イタリア語: Sorrento、ナポリ語: Surriento)は、
イタリア共和国カンパニア州ナポリ県にある、
人口約1万7000人の基礎自治体(コムーネ)。
ナポリからナポリ湾を挟んで南南東へ約30km、
ソレント半島の北海岸に位置する都市である。

対岸にヴェスヴィオ山を望む、風光明媚なリゾート地として
著名であり、ナポリ民謡(カンツォーネ)「帰れソレントへ」でも
その名が知られる。
またカプリ島やアマルフィ海岸(アマルフィ、ポジターノ)といった
観光地、ナポリやサレルノといった大都市へのフェリーが発着する。

ソレント半島の北側、ナポリ湾に面した都市で、
市街地は海沿いに切り立った崖上に広がる。
州都・県都ナポリからはナポリ湾を挟み、南南東へ約27kmの距離にある。
また、カプリから東北東へ約15km、アマルフィから西へ約19km、
サレルノから西へ約34kmの距離にある。

自治体としてのソレントの領域は、半島南側にも広がっており、
サレルノ湾にも面している。
東(半島の付け根側)にサンタニェッロ、西(半島の先端側)に
マッサ・ルブレンセと境界を接する。

ナポリ民謡(カンツォーネ)「帰れソレントへ」で知られる。
この曲は1902年にエルネスト・デ・クルティスによって
作曲されたもので、ジャンバッティスタ・デ・クルティス
(エルネストの兄)が作詞を行った。
また特産のレモンで作られたリキュールであるリモンチェッロや、
寄木細工もソレントの特産品である。』という。

ソレントへ 7
ソレントの町はとても綺麗で高級感がある
南イタリアのリゾート地だそうで、とても安全で
夜も中心街なら観光客がたくさん歩いていて、
食事やショッピングが楽しめるそうです。

ソレントへ 8
ソレントの街は、港から送迎バスに乗り、
アマルフィドライブのバスに乗り代えて、
車窓からの少しの間の観光?
街のお店の通りを眺めたり、観光用の機関車に出会ったりしました。
夜のショッピング、楽しみたかったな~~!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索