南イタリアおひとりさま旅Vol.14、アマルフィ大聖堂と、ドゥオーモ広場

南イタリアおひとりさま旅Vol.14、アマルフィ大聖堂と、ドゥオーモ広場

今日の神戸は、晴れ!
またまた猛暑日です!
でも、土曜日から火曜日までは、お天気悪いみたいですね。
少し涼しくなるといいのですが……。

昨日は、ZUMBA♪と、エアロサーキット、ピラティス、
筋膜ほぐしと、ブルブルマシーンと、お風呂でキャビスパ!

今日も、晩御飯の後、お菓子食べてしまいました~~!
別口が食べたいっていうのは、習慣になってるのかなぁ 

さて、南イタリアおひとりさま旅、続きのお話は、
アマルフィ海岸をドライブして、アマルフィに到着 
アマルフィ (15)_resized
海沿いの道から少し上がってアーチをくぐると

アマルフィ (17)_resized
カフェやおみやげ屋、アマルフィ大聖堂の見える
ドゥオーモ広場が広がります。

アマルフィ (18)_resized
大聖堂の右手前に見える黄色いテントのあるお店が、
唯一香水を売っているお店で、
その横が、おいしいケーキで有名な老舗のカフェ。

アマルフィ (19)_resized

アマルフィ (20)_resized
おっぱいを絞っている女性のある面白い噴水。

アマルフィは、織田裕二の映画「アマルフィ 女神の報酬」で、
ロケ地のひとつになっていますね。

アマルフィ (21)_resized
アマルフィ大聖堂に入りました。
入場料は、3ユーロ

アマルフィ (22)_resized
これが、見学できる場所の説明らしいですが……。
一緒に入るはずだった添乗員さんが、エメラルドの洞窟に
入りたいという人のために、船の状況などを聞きに行って
しまったので、ツアーの人たち何人かと入ったのですが、
説明がないので、わけのわからないままの見学です。

アマルフィ (23)_resized
有名な、「天国の回廊」というのは、どこのことなんでしょうか 
入口入ってすぐの白い柱廊がある場所がそうだったみたい!
写真は、1枚撮っていたのですが、知らずに、
なんとなく通り過ぎてしまいました!

アマルフィ (24)_resized
イタリアに来て、初めて見る教会ですが、その立派さに驚かされます。

アマルフィ (25)_resized

アマルフィ (26)_resized

アマルフィ (27)_resized

アマルフィ (28)_resized
木製のキリスト像のキリストさんは、ミイラのように
痩せていらっしゃいますね 

アマルフィ (29)_resized

アマルフィ (30)_resized

アマルフィ (31)_resized
天井の絵も、凝っていますね!

アマルフィ (32)_resized
ガイドさんがいないことが、つくづく物足りなく感じます。

アマルフィ (33)_resized

アマルフィ (34)_resized

アマルフィ (35)_resized

アマルフィ (36)_resized

アマルフィ (37)_resized
大聖堂自体は、だだっ広く、5分もあれば見終わってしまいます。

アマルフィ (38)_resized

アマルフィ (39)_resized

アマルフィ (40)_resized

アマルフィ (41)_resized

アマルフィ (42)_resized
上の方に、大きなパイプオルガンが見えます。

アマルフィ (43)_resized
地下にも行ってみました。

アマルフィ (44)_resized

アマルフィ (45)_resized
Wikipediaによると
、『アマルフィ大聖堂(イタリア語: Cattedrale di Sant'Andrea
/Duomo di Amalfi)は、イタリアのアマルフィにある大聖堂であり、
町の中心部のドゥオーモ広場から階段を上った場所にある。

<概要>
聖アンデレの捧げられた大聖堂であり、9世紀頃建設された。
大聖堂は7回もの改修がなされており、ロマネスク建築、
バロック建築、 イスラーム建築、ロココ建築、ゴシック建築、
ビザンチン建築
など様々な建築様式が混在している。
また大聖堂に地下には地下聖堂があり聖アンデレの聖遺物
が奉納され、聖アンデレの骨から聖なる液体マナ (食物)が
出てくると言われている。
第4次十字軍の遠征が実施された1206年に聖アンデレの
聖遺物が大聖堂に運び込まれたと言い伝えられており、
1208年に地下聖堂が完成し聖アンデレの聖遺物が安置された。

<外装>
教会正面(ファサード)は1891年に改装され、外壁は
ストライプのマーブル模様という、この地域の教会・聖堂として
珍しいものになっている。
入口の上部にある装飾された壁画(ティンパヌム)はDomenico
Morelliによるもので、現在はレプリカが飾られている
(本物は市民ホールに飾られている)。

ドゥオーモ広場から大聖堂への階段は62段あり、
また入口の銅製の巨大なドアは古代ローマ以後に
コンスタンティノープルで鋳造され、登塔者シメオン
によるサインが施されている。
鐘楼は1180年より建設が始まり完成するまで100年以上かかった。
4つの小さな塔を含む鐘楼はイスラーム建築様式となっており、
マジョルカ焼きのタイルで装飾されている。
また鐘楼は戦争時は見張り台の役割も担っていた。

<内装>
木製のキリストの磔像(13世紀頃の作品)が礼拝堂に
祀られており、エルサレムから運ばれたといわれる
真珠層で作られた磔像が裏戸の右側に祀られている。
身廊中央にある高い祭壇は大司教Pietro Capuano
(1214年死去)の石棺(サルコファガス)も含まれており、
祭壇上部にはAndrea dell'Astaによる「聖アンデレの受難」が、
天井部にはそれぞれ「キリストの鞭打ち」、「使徒の磔」、
マナの奇蹟」などが描かれている。』という。

アマルフィ教会_resized
大聖堂のパンフレット

アマルフィ (46)_resized
大聖堂の上から見下ろした景色

アマルフィ (47)_resized



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索