君の名は。と、最近ご飯

君の名は。と、最近ご飯

今日の神戸は、曇。
少し秋らしくなってきたでしょうか 

昨日は、ヒットしていて、いい!と言う声をよく聞く
「君の名は。」を観に行ってきました!
PA221756.jpg
Wikipediaによると、
『「君の名は。」は、新海誠監督の長編アニメーション映画。
2016年8月26日公開
前作「言の葉の庭」から3年ぶりとなる新海の6作目の監督作品。
東京に暮らす少年・瀧(たき)と飛騨の山奥で暮らす少女・三葉
(みつは)の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と
、1200年ぶりに地球に接近する彗星をめぐる出来事を描く。
新海作品としては初めて製作委員会方式を取っており、
前作は全国23館だったのに対し、本作では全国約300館
という大規模な興行となった。

2015年12月10日にはYouTube上に特報動画が公開され、
2016年8月の公開と、主演に神木隆之介、上白石萌音が
起用されることが発表された。
翌年4月5日には予告編が公開され、劇中音楽すべてを
RADWIMPSが制作することと、公開日は8月26日であること
が発表された。

6月18日には「小説 君の名は。」が発売。
小説が映画の公開より先に発売されるのは新海作品
としては初めてである。
出版社の作品紹介文では「原作小説」とされているが、
脚本の完成後、映画の制作も終盤になってから執筆
されたもので新海自身は「小説版」「映画のノベライズ」
「どちらが原作なのかと問われると微妙なところ」と、
そのあとがきで書いている。
映画と小説とで物語上の大きな差異はない。
映画公開(8月26日)前ですでに50万部、9月20日時点で
102.9万部となっている

<ストーリー>
東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、
目を覚ますと飛騨の山奥にある糸守町の女子高生・
宮水三葉になっていた。
そして、三葉は瀧の身体に。
2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことを
ほとんど忘れていたが、周囲の人達の反応や、その後も
たびたび「入れ替わり」が起きたことによって、ただの夢
ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。
2人はスマートフォンのメモを通してやりとりをし、
入れ替わっている間のルールを決め、元の身体に戻った
あと困らないよう日記を残すことにした。

性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わり
には多々困難がありながらも、お互い束の間の入れ替わり
を楽しみつつ次第に打ち解けていく。
しかし、その入れ替わりは突然途絶えてしまう。
瀧は風景のスケッチだけを頼りに飛騨に向かうことにし、
瀧の様子を不審に思い心配していた友人・藤井司とバイト先
の先輩・奥寺ミキもそれに同行する。
しかし、たどり着いた糸守町は、3年前に隕石(ティアマト彗星
の破片)の衝突により消滅しており、三葉やその家族、友人も
含め住民500人以上が死亡していたことが判明する。

瀧は以前三葉と入れ替わった際に参拝した、山上にある
宮水神社の御神体へ一人で向かい、もう一度入れ替わりが
起きることを願いながら、3年前に奉納された三葉の口噛み酒を飲み下す。

再び(隕石落下前の)三葉の身体に入った瀧は、三葉の友人
である勅使河原克彦、名取早耶香の2人とともに、住民を避難
させるために変電所を爆破し町一帯を停電させ、町内放送を
電波ジャックして避難を呼びかけるという作戦を画策する。
しかし、その計画の要である三葉の父(糸守町長)の説得に失敗、
父親には三葉の姿をしている別人だと見破られてしまう。

瀧の身体に入った状態の三葉に会うため、瀧(身体は三葉)は
御神体がある山を登る。
生きている世界には3年の時間差がある2人だったが、なぜか
互いの声だけは聞こえており名前を呼び互いの姿を探す。
お互い近くにいるのは分かっていながら、見ることも触れること
もできない2人だったが、黄昏時が訪れると、入れ替わりが
元に戻ると同時に互いの姿が見え、初めて2人は直接
会話することができた。

三葉は瀧から住民を助ける計画を引き継ぎ、下山する。
計画通りに町を停電させ、避難指示の放送を流すが、
その電波ジャックもしばらくしたのち町の職員に見つかり
訂正の放送を流され、避難は進まない。
三葉は改めて(三葉に入れ替わった瀧ではなく三葉本人
から)父(町長)を説得するため町役場に向かう。

瀧が「入れ替わり」という不思議な出来事に遭ってから5年後、
そして「奇跡的に住民が避難訓練をしており死者が出なかった」
糸守への隕石衝突から8年後へと舞台は移る。
瀧も三葉も東京で暮らしており、入れ替わりのことも
その相手の名前も忘れていたが、漠然と「誰かを探している」
思いだけが残っており、ときおり町中でその相手の気配を
感じることがあった。

さらに月日が流れたある日、並走する電車の車窓で
お互いを見つけた2人は、それぞれ次の駅で降り、
お互いの下車駅に向かって走り出す。
ようやく住宅地の階段で互いを見つけた三葉と瀧は、
それぞれ歩み寄っていく。
すれ違ったところで瀧が話しかけ、互いに探していた相手
だと分かった2人は涙を流し、同時に名前を尋ねた。

<登場人物>
・立花 瀧(たちばな たき)声 - 神木隆之介
本作の男主人公で、東京の都心(新宿区若葉)に住む男子高校生。
霞が関勤務の父と2人暮らしのようで、家からは東京タワーが見える。
日々、友人たちと楽しく過ごし、イタリアンレストラン
「IL GIARDINO DELLE PAROLE」でアルバイト中。
同僚の奥寺先輩へひそかに好意を寄せている。
絵を描くのが得意で、建築や美術に興味を持っている。
・宮水 三葉(みやみず みつは)声 - 上白石萌音
本作の女主人公で、山深い田舎町の岐阜県糸守町に住む女子高生。
妹とともに宮水神社の巫女を務める。
母親の二葉は病死、町長である父トシキは家を出ており、
祖母の一葉、小学生の妹の四葉と3人で暮らしている。
家系の神社や父の選挙運動、田舎の生活などに嫌気がさしており、
東京での華やかな暮らしに憧れている。
・奥寺 ミキ(おくでら ミキ)声 - 長澤まさみ
瀧のアルバイト先の先輩。美人でオシャレな女子大生で、
同アルバイトで働く多くの男子から大人気。
・宮水 一葉(みやみず ひとは)声 - 市原悦子
三葉の祖母で宮水神社の神主。
三葉の母である二葉が亡くなり婿養子の俊樹が家を出たあと、
孫の三葉と四葉を育ててきた。

<制作>
本作のキャッチコピーは「まだ会ったことのない君を、探している」。
この、遠く離れた土地に暮らす、まだ出会う前の少年と少女
というモチーフは、新海誠が2014年に手掛けたZ会のCM
「クロスロード」から着想を得たもので、さらに2つの日本の古典、
小野小町の和歌「思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ
夢と知りせば 覚めざらましを」(古今和歌集)と、
男児を「姫君」として女児を「若君」として育てる
「とりかへばや物語」を設定に取り込んだ。

誰もが楽しめる「ど真ん中」のエンターテインメント、とりわけ
10代から20代前半の人に向けた作品を目指して作られた。
新海は、観客を励ますような、見終わったあとに気持ちよく
劇場を出てもらえる作品を作りたくなったところに、ちょうど
東宝の話が決まったといい、自身だけでなくキャラクター
デザインの田中将賀、作画監督の安藤雅司、音楽の
RADWIMPS、主演の神木隆之介についても「本当に、
絶妙なタイミングによってつくらせてもらえた映画」と語っている。

クレジットにおいて新海は原作・脚本・絵コンテ・編集と
表記されているが、制作において自身が果たした主な役割は
絵コンテと編集、特にビデオコンテだと語っている。
脚本は新海だけでなく川村元気をはじめとする東宝のチーム
との協同だが、絵コンテと、それを元に仮で声も効果音も
音楽もつけた100分強のビデオコンテは新海が一人で作り上げた。
これまでの作品でも新海は絵コンテとビデオコンテを並行して
作成しており、この時点ですでに編集に近いことをやっている
ともいえるが、従来 Photoshop、After Effects、Audition の
3つのソフトを併用して作成していたものを今回は Storyboard Pro
で最初からビデオコンテを作るようにし、これによって映画の
時間軸をすべてコントロールできたという。
劇中の音楽すべてを担当したRADWIMPSとのやりとりも、
ビデオコンテで進められた。

本作でキャラクターデザインを担当した田中は、新海の
「クロスロード」でもキャラクターデザインと作画監督を担当しており、
個人的にも新海と交友があって本作でもキャラクターデザイン
・作画監督をオファーされたが、先に「心が叫びたがってるんだ。」
の企画が始動していたため都合がつかず、それでもという
新海からの要望でキャラクターデザインのみを引き受ける
かたちとなった。
当初は現場で使うキャラクター設定表まで田中が描く予定
だったが、作画監督に安藤が決まったこともあり、現場で
キャラクターを動かすためのデザインは安藤が手掛けたほうが
よいとの判断で、設定表からは安藤が担当することとなった。
瀧と三葉が入れ替わっているときの表情・仕草などは安藤の
キャラクター設定表で描かれた。
スタッフロールのキャラクターデザインでは田中と安藤の両名
がクレジットされている理由はこれによる。
なお、本編の作画監督はできなかったものの田中は
オープニングの作画監督を務めており、田中がデザインした
キャラクターをもとに安藤が描いたキャラクター設定表をもとに
田中がオープニングの作画監督をするのは「すごくへんてこな
感じ」だったと語っている。

制作期間は約2年であった

<音楽>詳細は「君の名は。 (アルバム)」を参照
新海は、本作の音楽をRADWIMPSへ依頼したことについて、
自身の公式サイトで「実現の可能性を考えもせず
RADWIMPSが好きだと答えました」と明かした。
RADWIMPSは「曲を聴いた上で作りたいシーンがいくつかある」
という新海の要望を受けて制作初期から作品に携わり、新曲
「前前前世」(ぜんぜんぜんせ)を含む20曲以上を作り上げた。
同曲も含め、採用された主題歌は以下の4曲。
「夢灯籠」 - オープニング
「前前前世 (movie ver.)」
「スパークル (movie ver.)」
「なんでもないや (movie edit + movie ver.)」 - ラストシーンおよびエンディング(CDでは2曲に分かれている)

これらの主題歌と劇伴22曲を収録したアルバム「君の名は。」
は、2016年8月24日にEMI RECORDSから発売された。
発売初週に5.8万枚、2週目に3.9万枚を売り上げ、
オリコン週間アルバムランキングで2週連続1位を獲得した』という。

評判のように、「二度観たくなる」かっていうと、
そこまでの感慨はないですが、新開監督自身の
ターゲットの、10代、20代の「恋したい」
「恋に憧れる」人たちだとしたら、そんな感覚も
抱くのかもしれませんね!

私などは、設定がSFっぽいだけに、
その必然性や理由なんかを考えてしまい、
純粋に「恋」に目がいきませんでしたが……。

昨日の晩ごはんは、天丼と、ローストビーフサラダ。
しじみのお味噌汁。8写メなしです)

金曜日の晩ご飯は、牡蠣のアヒージョ。
ポテトサラダ、オクラ豆腐、もやしと人参の卵とじスープ。
PA211749.jpg

PA211750.jpg
最近、フィラデルフィアのクリームチーズに
はまってます 
おいしいですね~~!

PA201746.jpg
その前の晩ごはんは、ウナギ丼と、温泉卵、
なすとがんも、しめじの炒め煮、オクラ豆腐とトマト、
玉ねぎ、人参、じゃが芋のお味噌汁。

昨日は、衣替えを少ししていたんですが、
昔使っていた、ヒップボーンで巻くベルトなどを、
ハロウィンイベントで使えないかと出してみて、
ビックリ 
開いている穴に入らないどころか   
使い物にならない!
最近、太るのに加速度がついているようですが、
それにしても!
ヤバイです!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索