一保堂のお茶と、最近ご飯

一保堂のお茶と、最近ご飯

今日の神戸は、雨のち晴れ! 

昨日、ジム友のYちゃんに、一保堂の煎茶いただきました!
PB141707.jpg
こんないいお茶飲むの、久しぶりです!
一保堂さんは、1717年(享保2年)創業の老舗。
HPによると、
『一保堂は京都に本店を構える、日本茶の専門店です。
日本茶と一口に言っても、産地や製法によってお茶の特徴は実にさまざま。
一保堂が扱うお茶は、穏やかな香りと上品な甘み、
まろやかな味わいが特徴の「京銘茶」です。
木津川、宇治川両水系の気候で栽培され、宇治発祥の
宇治製法」でつくられたお茶を中心に取り扱っています。
お茶は自然の産物。同じ産地でも、その年の気候によって
茶葉の風味も変わります。
お客様には毎年同じ味筋のお茶をお届けするのが専門店の役目。
そのために、吟味して仕入れた茶葉を、1年を通じて
味が変わらぬようブレンド(合組・ごうぐみ)して店頭へ並べております。

また、お茶をお売りするだけでなく、茶葉の魅力をお伝え
していくことも大事な役目の一つ。
一人でじっくりお茶を淹れるひととき、大切な人とお茶を味わい
ながらゆったり交わす会話、お湯の温度や待ち時間によって変化する味わい…。

一保堂では一人でも多くのお客様とお話をしながら茶葉の
面白さをお伝えしていきたいと考えています。
そして始めたのが、お茶を淹れるところからお楽しみいただける
喫茶室「嘉木」や、「お茶の淹れ方教室」。お使いになる場面、
お好みの味…色々お話しながら選んだお茶を「おいしかった」
と言っていただけた時、何よりもうれしく感じます。
ちょっと気になることから専門的なことまで、どうぞ気軽に
ご相談くださいませ。

煎茶 日月(にちげつ)
中缶箱(165g) ¥2,160(税込)
煎茶は甘みと渋みのバランスを楽しむお茶。
「日月」はおだやかな渋みが味わえる、さっぱりとした風味。
「渋いお茶は苦手だけれど、甘みが強いのもちょっと…」という方におすすめです。

おいしくお飲みいただく目安として、一保堂では開封後は
2週間で使い切っていただくようおすすめしています。
期間が過ぎたからといって腐るわけではありませんが、
残念ながら本来の風味は日々失われていきます。
約17回分の茶葉が入った中缶箱は、日常的に煎茶を
飲まれる方におすすめのサイズです。

茶葉の量10g(大さじ2)に、茶碗に一度注いで80℃に
湯冷まししたお湯、210mlを注いで、60秒待ち、
最期の一滴まで注いで
飲む。
・同じ茶葉で3煎目まで楽しめます。
2煎目以降、待ち時間はいりません
 急須に湯を注いだら、すぐに淹れてください。』という。
お茶をおいしくいただくには、いろいろ手間がかかりますね!

PB141709.jpg
昨日の晩ごはんは、ブリの塩焼きと、
ベーコンと、青梗菜、しめじなどのクリームシチュー、
もやし、トマト、水菜の中華風酢の物、
キムチ、イカの塩辛、

今日の晩ごはん、デジカメから、パソコンさんが、
「インポートできません」って言うんです。
時々なるんですが、どうしてでしょう 

今日は、アクアズンバと、プールサイドストレッチ、
クロール500m、平泳ぎ500m、
ヨガ、ZUMBA♪と、筋膜ほぐし、お風呂。
けっこう動いたかな!
最近、ヨガのレッスンで、太陽礼拝が多いせいか、
どうも右腕が、クロールをすると痛い!
やっぱ、自重を支えるのって、キツイよね!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索