出石・湯村温泉旅行Vol6、沢庵和尚ゆかりの寺「宗鏡寺」

出石・湯村温泉旅行Vol6、沢庵和尚ゆかりの寺「宗鏡寺」

今日の神戸は、晴れ、一時曇。 
陽射しは明るいですが、今日も寒い1日になるようです。

さて、出石・湯村温泉旅行、続きのお話は、
出石の町の散策の続きで、沢庵和尚ゆかりの寺

「沢庵寺」宗鏡寺
を訪れました。
2.24沢庵寺 (1)15:11_resized
拝観時間 9:00~16:00 拝観料 個人 300円

2.24沢庵寺 (2)_resized
入口で、呼び鈴を押すと、すぐに女性が出てきてくれました。
拝観料をお支払いして、順路の通りにお庭を巡ります。
その場所場所で、テープで説明が流れるようになっています。

2.24沢庵寺 (3)_resized
円覚山宗鏡寺(通称沢庵寺)は、出石町東北、入佐山にあり、
開山は京都五山の一つ東福寺大道一以禅師だそうです。
開基は、当時の出石城主で山名陸奥守氏清公であり、
寺名は氏清公の法名「宗鏡寺殿」を以って名づけたと伝えられ、
1392年に建てられたそうです。
山陰唯一の伽藍を誇っていたそうですが、織田信長の但馬征伐
で山名家が滅び、寺もまた荒廃したということです。
1616年、小出吉英の援助の元、沢庵和尚を招き、再興されました。
以来、京都紫野大徳寺派の但馬における中本山として、現在に至るそうです。

2.24沢庵寺 (4)_resized

2.24沢庵寺 (5)_resized

2.24沢庵寺 (6)_resized
本堂

2.24沢庵寺 (8)_resized
沢庵和尚が作られた「鶴亀の庭」は、雪に埋まっていました!

2.24沢庵寺 (9)_resized

2.24沢庵寺 (7)_resized
弁財天。雪が深くて近寄れません。

2.24沢庵寺 (10)_resized

2.24沢庵寺 (11)_resized

2.24沢庵寺 (12)_resized
対来閣の手前にある木は、沢庵和尚手植えの胡蝶ワビスケ椿

2.24沢庵寺 (13)_resized
仙石久道公(五代)の墓。

2.24沢庵寺 (14)_resized

2.24沢庵寺 (15)_resized
仙石政辰公(三代)の墓。

2.24沢庵寺 (16)_resized
小高い所にある沢庵和尚のお墓

2.24沢庵寺 (17)_resized

2.24沢庵寺 (18)_resized
茶室

2.24沢庵寺 (19)_resized
48才から8年間過ごされた「投淵軒」では
数多くの和歌をつくり、書物をあらわされたそうです。

2.24沢庵寺 (20)_resized
この「心字の池」も、沢庵和尚が作られたそうです。

2.24沢庵寺 (21)_resized
出石に生まれ、漬物の沢庵漬けを広めたといわれている沢庵和尚
柳生宗矩、宮本武蔵の剣は沢庵禅法は沢庵和尚によるものだそうです。
元々沢庵漬けは、「貯え漬け」と呼ばれていたそうですが、
ある時、沢庵和尚が、徳川家光公に献上したところ、
お気に召され。「沢庵漬け」と命名されたそうです。
現在も、ご住職が、伝統の製法に則り、糠と塩だけで
沢庵漬けを作り、販売もしているそうです(1袋500円)。

2.24沢庵寺 (22)_resized
願いの鐘

2.24沢庵寺 (23)_resized
撞いても良いということで、撞いたのですが、なかなか難しかったです。

2.24沢庵寺 (26)_resized
沢庵和尚の夢に出てきたとされる「夢見の鐘」。

2.24沢庵寺 (27)_resized

2.24沢庵寺 (28)15:29_resized
御本尊:釈迦如来

お寺を辞す時、お宅の方から、おかっぱ頭のお寺のお子さんが、
何度も、「ばいば~~い!」と見送ってくれて、かわいかったです。

br />
ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索