キングコング: 髑髏島の巨神と、みーにゃん♥

キングコング: 髑髏島の巨神と、みーにゃん♥

今日の神戸は、晴れ!
あったかいようなので、桜の蕾もほころび始めるでしょうか? 

昨日は、映画を観に行って来ました~~!
P4012720.jpg
Wikipediaによると、
『「キングコング: 髑髏島の巨神(原題: Kong: Skull Island)」は、
ジョーダン・ヴォート=ロバーツ(英語版)監督による
2017年3月10日公開のアメリカ合衆国の怪獣映画である。
キングコングの映画としては通算8作目となる。
また、レジェンダリー・ピクチャーズ製作の怪獣映画を
同一世界観のクロスオーバー作品として扱うモンスターバース
シリーズとしては第2作目の映画である。
主要撮影は2015年10月19日よりハワイなどで行われた。

<ストーリー>
1944年、太平洋戦争中の南太平洋戦域での空戦中、
とある島に墜落したアメリカ兵マーロウは、同じく墜落した
日本兵イカリから逃れるため島の奥地に入り込み、
追って来たイカリと戦う。
止めを刺されそうになったマーロウだったが、
そこに巨大な生物が姿を現す。

1973年、アメリカがベトナム戦争からの撤退を宣言した日、
特務研究機関モナークの一員であるランダは、ランドサット
発見した未知の島・髑髏島への地質調査をウィリス上院議員
に認めさせる。
ランダは護衛の部隊を派遣するように要請し、ベトナムから
帰還予定だったパッカード大佐の部隊が同行することになる。
また、元特殊空挺部隊隊員のコンラッドを島の案内役として
雇い入れる。
ランダたちの行動を知った戦場カメラマンのウィーバー
調査隊に加わり、一行は髑髏島に向けて出発する。
髑髏島の周囲は暴風雨に覆われて船での接近は不可能な状態
だったが、ランダたちはパッカードのヘリコプター部隊で島に乗り込む。
暴風雨を抜けて島に乗り込んだ調査隊は、地質調査の名目で
地上にサイズミック爆弾を投下するが、その爆音を聞き付けて
現れたコングにより部隊は全滅し、調査隊は散り散りとなる。
コンラッドやウィーバーたちは島を脱出するため、船との
合流地点である島北部に向かい、パッカードはコングを仕留める
武器を手に入れるため、部下のチャップマンがいる島西部に向かう。
コンラッドたちは北に向かって進む中で島民であるイーウィス族
と遭遇し、その際に太平洋戦争以来島に取り残されていたマーロウと出会う。
マーロウの招きでイーウィス族の集落を訪れたコンラッドたちは、
彼らが神聖視する廃船に案内され、そこでコングが島の守護神
であることを聞かされる。
コンラッドたちは合流地点に向かおうとするが、マーロウに
「徒歩で向かっても間に合わない」と忠告され、彼が脱出用に
作っていた小型船グレイ・フォックス号を整備して共に合流地点
に向かうことにする。
コンラッドやマーロウがグレイ・フォックス号の整備を進める中、
ウィーバーは集落の外で撃墜されたヘリコプターの下敷きに
なっていたスケル・バッファローを助けようとする。
そこにコングが現れてスケル・バッファローを助け、彼女に
敵意がないことを判断したコングはその場を立ち去る。
翌朝、コンラッドたちは整備が完了したグレイ・フォックス号に
乗り込み出発する。
その途中でパッカードやランダたちと合流するが、脱出を主張
するコンラッドはコングへの復讐を主張するパッカードの意見に
押し切られ、チャップマンのいる西部の山に向かうことになる。
しかし、西部の山は島の怪物たちの棲み処となっており、
コンラッドたちは島で最も凶悪な生物であるスカル・クローラー
に襲われる。
何とかスカル・クローラーを倒したものの、スカル・クローラーの
吐瀉物からチャップマンの認識票が見つかったことから、
コンラッドたちは再び脱出を主張する。
パッカードはそれでもコングへの復讐を優先して対立するが、
最終的にコンラッドたち民間人はグレイ・フォックス号に戻り、
パッカードたち軍人はコングを攻撃することに決まり、
二手に分かれる。
その夜、コンラッドとウィーバーはグレイ・フォックス号を探すため
山に向かい、そこでコングと出会う。
ウィーバーと触れたコングはその場を立ち去ろうとするが、
パッカードがサイズミック爆弾を爆発させたため、怒り出した
コングはパッカードたちの元に向かう。
コンラッドとウィーバーはマーロウと共にパッカードを止める
ためコングの後を追う。
パッカードは誘い込んだコングを火攻めにし、倒れ込んだコング
を爆薬で吹き飛ばそうとするが、そこにコンラッドたちが現れ
一触即発となる。
三人の説得でパッカード以外の兵士たちは攻撃を止めよう
とするが、そこに大型のスカル・クローラーが現れコングと
戦い始める。
コンラッドたちは先にグレイ・フォックス号に乗り込んだ
ブルックスサンの元に合流しようとするが、スカル・クローラー
に追い付かれてしまう。
スカル・クローラーは後を追ってきたコングと再び戦い始め、
コンラッドたちもコングを援護する。
コングは廃船のスクリューを武器にスカル・クローラーを倒し、
戦いの衝撃で川に投げ出されたウィーバーを助け出して姿を消す。
コンラッドたちは無事に合流地点に到着し、髑髏島から脱出する。

アメリカに帰国後、マーロウは出征以来生き別れとなっていた
妻子と再会する。
一方、コンラッドとウィーバーはモナークに招かれ、ブルックス、
サンと再会して調査への協力を依頼される。
ブルックスは「王はコングだけではない」と語り、モナークが
集めた古代生物が描かれた壁画の資料を見せる。
その壁画には巨大な恐竜、翼竜、蛾、三つ首の竜の姿が
描かれていた。

<キャスト>
※括弧内は日本語吹替[4][5][6]。
ジェームズ・コンラッド - トム・ヒドルストン(GACKT)
プレストン・パッカード - サミュエル・L・ジャクソン(手塚秀彰)
ウィリアム・"ビル"・ランダ - ジョン・グッドマン(石住昭彦)
メイソン・ウィーバー - ブリー・ラーソン(佐々木希)
サン・リン - ジン・ティエン(伊藤静)
ジャック・チャップマン - トビー・ケベル[7](小松史法)
ヴィクター・ニエベス - ジョン・オーティス(後藤敦)
ヒューストン・ブルックス - コーリー・ホーキンズ(英語版)(杉村憲司)
グレン・ミルズ - ジェイソン・ミッチェル(英語版)(河本邦弘)
アール・コール - シェー・ウィガム(綱島郷太郎)
レグ・スリフコ - トーマス・マン(山崎健太郎)
コング(モーションキャプチャ演技)- テリー・ノタリー(英語版)
ハンク・マーロウ - ジョン・C・ライリー(石田圭祐)
レルス - ユージン・コルデロ(真壁刀義)
スティーブ・ウッドワード - マーク・エヴァン・ジャクソン(英語版)(伊藤和晃)
ウィリス上院議員 - リチャード・ジェンキンス(仲野裕)
グンペイ・イカリ - MIYAVI

<髑髏島の生物>
コング
体長:31.6メートル / 体重:158トン。
髑髏島の生態系の頂点に君臨する超大型類人猿。
調査隊に対して敵意を露わにし、パッカードの部隊を全滅させる。
両親を殺害したスカル・クローラーをはじめ、島の調和を
乱す生物には容赦ないが、基本的には博愛精神の強い
優しい性格で、スカル・クローラーの脅威から守られている
島民イーウィス族からは神として崇められている。
本作のコングの体長について、監督のロバーツは「将来的に
ゴジラと対決させるため」という理由のほか、「見上げたときに
『神だ』と思うサイズを意識しているんだよ。
『ワンダと巨像』に感じるような威厳をね」と述べている。
また、モーションキャプチャを用いていることについては、
「コングの動きをどうするのか、試行錯誤の中で使っている
に過ぎない」と語っており、主にCGアニメーションで作られている。
スカル・クローラー
体長:3.65 - 28.95メートル / 体重:40 - 100トン。
髑髏島で最も獰猛な生物で、2本の腕を持つ巨大な爬虫類。
命名者はハンク・マーロウで、調査団一行に本怪獣を説明
する際の咄嗟の思いつきではあるが「髑髏の亡者」という意味である。
普段は地中に生息しているが、地上に現れて獲物を一呑みにする。
髑髏島の生物や島民を手当たり次第に襲うことから恐れられ
ており、過去にコングの両親を殺したため、コングから狙われている。
モデルは1933年版に登場した「後ろ足のないトカゲ」で、1933年版
の髑髏島の生物中で唯一フィクションの存在だったため、登場させた。
頭蓋骨のような頭部は、『千と千尋の神隠し』のカオナシ
新世紀エヴァンゲリオン』の使徒サキエルをイメージしている。
バンブー・スパイダー
体長:5 - 7メートル。
竹林に生息する巨大なクモで、竹と同じ長さの足で竹林に潜み、
獲物を待ち伏せする。
獲物が近づいたら足を竹槍のように突き刺したり、体の下部
から伸ばす粘着性の触手で捕らえてからカニのハサミの
ような前足で切り刻む。
スケル・バッファロー
体長:13メートル(角の長さ:19メートル) / 体重:22トン。
水辺に生息しているスイギュウで、数日間水中に潜伏していられる。
髑髏島の生物の中でも非常に大人しい性格ゆえ、コンラッドたち
に危害を加えることはないが、スカル・クローラーの餌食となっている。
リバー・デビル
体長:27メートル。
髑髏島の入江に生息している巨大な頭足類。
イカとタコを合わせたような姿をしており、傷を癒しに来た
コングを襲うが、返り討ちに遭い足の数本を食い千切られる。
キングコング対ゴジラ』に登場した大ダコのオマージュ。
サイコ・バルチャー
翼長:2 - 3メートル。
白亜紀の大絶滅を生き延び、髑髏島で独自の進化を遂げた翼竜。
外見はディモルフォドンに酷似しているが、吻部はノコギリザメ
のように鋭く尖っており、脊椎動物でありながら青い血液が流れる。
更には髑髏島固有種のフグを常食としていることで、その毒に
より精神が高揚し攻撃的な性格となっている。
・スポア・マンティス
全長:15メートル。
レッドウッドの成木に擬態する巨大ナナフシ。
擬態中はほぼ微動だにしないが、敵に出くわすと一目散に逃げていく。
更に敵への防衛手段として強靭な表皮と筋肉を持ち、頭部に
強靭な顎を持つ寄生虫を宿している。

<スタッフ>
監督 - ジョーダン・ヴォート・ロバーツ
脚本 - ダン・ギルロイ、マックス・ボレンスタイン、デレク・コノリー
ストーリー - ジョン・ゲイティンズ
製作 - トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、アレックス・ガルシア
製作総指揮 - エリック・マクレオド
共同製作 / VFXプロデューサー - トム・ピッツマン
撮影監督 - ラリー・フォン
美術監督 - ステファン・デシャント
音楽 - ヘンリー・ジャックマン
特殊視覚効果 - インダストリアル・ライト&マジック、ムービング・ピクチャー・カンパニー
VFXシニアスーパーバイザー - スティーブン・ローゼンバウム
VFXスーパーバイザー - ジェフ・ホワイト
VFXアドバイザー - ジョン・ダイクストラ
編集 - リチャード・ピアソン
衣装デザイン - メアリー・ポート
ゴジラ / モスラ / キングギドラ / ラドン原案 - 東宝

<企画>
レジェンダリー・ピクチャーズは2014年7月にサンディエゴ・
コミコンにて『Skull Island』と題したキングコングのオリジン・
ストーリーの企画を発表し、2016年11月4日にユニバーサル・
スタジオ配給で公開予定であることを明かした。
レジェンダリーはジョー・コーニッシュに監督のオファーを出し、
一方で以前に『キング・コング』を監督したピーター・ジャクソン
はギレルモ・デル・トロを提案した。
2014年9月、スタジオはジョーダン・ヴォート=ロバーツ(英語版)
が監督を務めることを発表した。
彼は本作を「モンスターが出てくるベトナム戦争映画」と
語っており、『地獄の黙示録』をイメージした映像が含まれている。
また、時代設定は1973年となっており、その理由について
テクノロジーがまだここまで進んでいなくて、科学と神話の境目
がはっきりしていない時代
だった」ためと述べている。
撮影前に脚本は複数の脚本家たちの関与を受けた。
キングコングとゴジラの世界観のコンティニュイティが求められたため、
GODZILLA ゴジラ』のマックス・ボレンスタイン(英語版)が初稿を書き、
次いでジョン・ゲイティンズが第2稿執筆のため雇われた。
2015年8月、ダン・ギルロイがボレンスタインとゲイティンズの脚本
に協力していることが明らかとなった。
2015年8月18日、デレク・コノリー(英語版)が書き直しのために
さらに雇われたことが明らかとなった
2014年12月12日、スタジオは映画を『Kong: Skull Island』に改題
したことを発表した。
2015年9月10日、レジェンダリーは『Kong: Skull Island』の配給を
ユニバーサルからワーナー・ブラザースに変更し、彼らは
キングコングとゴジラのマッシュアップの計画を立て始めた。
その後、脚本では2014年の映画『GODZILLA ゴジラ』に登場した
秘密機関モナークが参照されることが明かされた。
2016年4月、アーティストのジョー・デヴィードは自らが作り上げた
スカル・アイランドの世界観の要素を映画製作者たちが無断で
使用したとして製作者たちを訴えた。

<日本のアニメ・ゲームの影響>
ヴォート=ロバーツは「日本の漫画・ゲーム・アニメ
見て育ち、今の自分のDNAとなっている」と公言する程の
日本好きであり、本作の製作にも影響を与えている。
本作についても「自分が子ども時代に触れてきた文化を、
ゲロを吐くみたいに全部ぶち込んである」と語っている。
映画全体には『もののけ姫』の要素が多く含まれているとし、
登場するクリーチャーは「宮崎駿監督作品に出てくるようなもの。
精神性があり美しく、パワフルなものを目指した」と語っている。
この他にも『AKIRA』『メタルギアソリッド』などのオマージュが含まれている。
また、序盤に登場する日本兵グンペイ・イカリの名前は
新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジと、
ゲームクリエイターの横井軍平から取られている。

<撮影>
主要撮影(英語版)は2015年10月19日に始まり、
2016年3月18日に完了した。
撮影は主にベトナム北部、ハワイ州オワフ島、オーストラリアの
ゴールドコーストで行われた。
ロケ地にはホノルル・チャイナタウン(英語版)、クアロア・ランチ
(英語版)、ワイカナエ・バレーが含まれた。
2016年1月半ば、オーストラリアクイーンズランド州
ゴールドコーストで行われた。

<続編構想>
詳細は「モンスターバース」を参照
2015年9月、レジェンダリーは『Kong: Skull Island』をユニバーサル配給
からワーナー・ブラザース配給に変更し、メディアではゴジラと
キングコングが共演するという憶測が流れた。
2015年10月、レジェンダリーは2020年5月29日公開を予定している
Godzilla vs. Kong』でゴジラとキングコングを共演させることを認めた。
レジェンダリーは「モナークを中心に」フランチャイズを作り上げ、
「古いものと新しいもの、異なる巨大超生物種族の生態系の中で
ゴジラとレジェンダリーのコングを結集する」計画を立てている。
レジェンダリーはユニバーサルとの契約を続ける一方、
フランチャイズのためにワーナー・ブラザースと協力する。』という。

どこから現れるかわからない怪獣たちに、
けっこうハラハラさせられながら観て、楽しみました!
しっかし、パッカード大佐って、腹立つゥ~~!
キングコングって、最初の映画の伝統があるせいか、
哀愁のある「いいもの」なんよね~~!

監督のヴォート=ロバーツさんは、たまたまTVの
YOUは何しに日本へ?」という番組で、成田空港へ
降り立ったところをインタビューされているのを見て、
なかなか気さくな人やと思っていました。
1984年9月22日 生まれの若い監督さんです。

家の網戸(外側)にも巨大生物襲来 
P4012719.jpg
10cmぐらい横幅があるんですが、
これって、蚊なんでしょうか 
噛まない 
キモ~~い!

P4012718.jpg
みーにゃんは、彼氏のお仕事椅子で、お昼寝。
ホンマ、抱っこ嫌いなくせに、いっつも誰かに引っ付いてないと
いやな甘えたさんです。
夜、寝る時は、いっつも私のベッドで一緒に寝ます。
私の枕を1個独占して、私の顔の横で、
何故か、お尻を向けて寝るんです。
みーにゃん、こっち向いて寝ろよ~~



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 







スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索