うどんはダイエットに不向き!

うどんはダイエットに不向き!

今日の神戸は、晴れのち曇。 
日曜日からは、梅雨空が続くみたいですね。

亡くなる前々日に、朝オレンジジュースを飲む幸せを 
ブログに書いていた小林麻央さんの訃報にびっくりしています。
20日の後、ブログの更新がなかったので、また具合が
悪くなったのかと心配していたんです。
でも、まさか、こんなに早く逝ってしまうなんて 
ご冥福をお祈りいたします。

昨日は、みーにゃんの右目の脇に、かさぶたのようなものがあって、
彼氏が、大きなダニが引っ付いている 
と言うので、病院に連れて行ったんですが、
やっぱり自分でひっかいたのか、思ったより大きな傷があって、
そこからの出血が固まったかさぶたでした。
お薬をもらって帰ったんですが、傷を調べるために
目のきわの毛を剃った料金も請求されるんですね!
でも、みーにゃん、お出かけ用の籠を出しただけで、
もう慌てて逃げてましたよ!

昨日は、お昼に冷やしうどんを食べようと思ったんですが、
痩せTECHによると、
https://yase.tech/4099.html
『<一般的なうどんのカロリー>
・麺のカロリー
 100g当たり:105Kcal
 一玉(230g)当たり:242Kcal
・うどんの種類別カロリー(一食分)
 カレーうどん:492Kcal
 きつねうどん:453Kcal
 天ぷらうどん:435Kcal
 肉うどん:428Kcal
 たぬきうどん:419Kcal
 山かけうどん:391Kcal
 月見うどん:390Kcal
 山菜うどん:352Kcal
 かけうどん:320Kcal
 ざるうどん:289Kcal

丸亀うどん、はなまるうどんは、大体300Kcalが基本で、
それプラス具のカロリーといったところです。
カップ麺も400Kcal弱~500Kcal弱といったところですね。
それと、そこまで印象はないかもしれませんが、
うどんは塩分が非常に多いです。
大体5g~7g程度で、ラーメンと同等の塩分量なので、
できるだけスープはできるだけ飲まないようにしましょう。

<うどんが低カロリーな理由>
さて、具体的なうどんなカロリーを見てきましたが、
思ったより低カロリーだと思ったのではないでしょうか?
高カロリーな具材でなければ、
一食を500Kcal未満に抑えることも容易です。
そして実際、
うどんは他の麺類と比べると、少しだけ低カロリーです。
なぜだか分かるでしょうか?
その答えの一つには“水分量”が挙げられます。
他の麺類の水分の割合は、
そば:72%、そうめん:70%、パスタ:65%、ラーメン65%という値ですが、
うどんは75%で、麺類の中では水分が
多い
という特徴があるのです。
そのためうどんは、
同じ量なら他の麺よりもカロリーが少し低くなります。
またうどんのスープも、脂質がたっぷり含まれたラーメンのスープとは違い、
ヘルシーであるということもうどんが低カロリーである要因の一つですね。

<うどんは栄養が乏しい!?>
では次にうどんの栄養について見ていきましょう。
他の麺類といえば炭水化物はもちろんですが、
そばは意外にタンパク質、食物繊維、ビタミン、
ミネラルが非常に豊富
でしたし、
そうめんもそれには劣りますがタンパク質や食物繊維
はそれなりに含まれていました。
さて、それではうどんの栄養素はどうでしょうか。
恐らく主食なので「炭水化物」しか印象がないのではありませんか?
実は、その通りで、
うどんは低カロリーですがそれだけ重要な栄養素も乏しいのです。
タンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、
あらゆる栄養素でそばにも、そうめんにも大きく劣ります。
そのため、うどんを食べるときは栄養が豊富な具材で補うのを意識して下さい。

<低カロリーなうどんがダイエットに不向きな理由>
では最後にうどんがダイエットに向いている食品なのか
どうかについて述べていきます。
低カロリーということで一見ダイエットに向いていそうですが、
決して一概にそうとはいえません。
個人的にはあまりおすすめできない食品です。
この理由について3つ挙げていきます。

【うどんがダイエットに不向きな理由1】
消化が早い(GI値が高い)
うどんは消化に良い(消化が早い)食品です。
そのため、風邪を引いた時やすぐにエネルギーを補給したい時は、
非常に重宝します。
しかし、その一方で腹持ちが悪く、
血糖値がすぐ上がり、脂肪になりやすい
という性質があるのです。
いわゆるGI値が高い食品です。

GI値とは?
食品にはGI値という概念が存在し、
分かりやすく言えば血糖値の上がりやすさです。
私達は炭水化物(糖質)を摂取すると、
それを消化して血糖値を上げてエネルギーに変換します。
GI値は、このスピードのことです。
血糖値が急激に上がると糖尿病のリスクを増大したり、
体脂肪を増やす要因となってしまいます。

GI値が高い食品は一般的にダイエットに不向きと言われる傾向にあり、
うどんも例外ではありません。
腹持ちはあまりよくないので間食の原因となりやすいですし、
血糖値が急上昇しやすい食品です。

【うどんがダイエットに不向きな理由2】
栄養が乏しい
うどんは健康に大切な栄養素がほとんど含まれないということも、
うどんがダイエットに適さない要因の一つです。

正しいダイエットとは、
タンパク質、ビタミン、ミネラルなど重要な栄養素をできるだけ欠かさ無いという前提で、
カロリーの摂取を控えたりカロリーの消費を促進したりする行為です。
そうでないと、リバウンドのリスクが高まったり
健康や美容をかえって損なうことになってしまいますからね。

また、スープに塩分が多いため、
ただ栄養素が乏しいというよりも偏っているという見方もできます。
ご存知の通り、日本人は塩分を過剰摂取している傾向にあり、
それが健康に大きな支障を出しています。

そう考えると、うどんがダイエットに適さない
ということが分かってもらえると思います。
ダイエットとしてうどんを食べるのであれば、
その分他の食品できちんとタンパク質や食物繊維、ビタミン等を補う必要があるのです。

【うどんがダイエットに不向きな理由3】
高カロリーな具材と相性が良い
うどんは麺自体は水分が多いので低カロリーなんですが、
高カロリーな具材と相性が良いため結果としてそれが
摂取カロリーを大幅に引き上げる要因となり得ます。

具材を使わなければカロリーを抑えることができますが、
カレーや肉、卵、天かすなど脂質の多いものをトッピング
してしまいがちです。
それにより高カロリーになったり、
栄養の偏りの元になったりしてしまうのです。

ダイエット中に麺類が食べたくなったら、
迷わずそばを食べて下さい
。』という。

結局、お昼は、パイナップルと、サクランボヨーグルトと、
チャンポン麺と、卵豆腐と、リンゴジュースにしたんですが、
こっちの方が、カロリー高い 

午後から、ヨガと、筋膜ほぐし、ブルブルマシーン、
お風呂でキャビスパ!
あんまり運動量がないせいか、また体重が増えてた!

なので、晩ごはんは、和食!P6232685.jpg
ブリの塩焼きと、焼きナス、小松菜、しめじ、野菜天の炒め煮、
もろきゅう、トマト、豆腐、えのき、ワカメのお味噌汁、キムチ。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 










スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索