皆生温泉旅行Vol1、加西SA,蒜山高原SA,根雨

皆生温泉旅行Vol1、加西SA,蒜山高原SA,根雨

今日の神戸は、曇のち晴れ! 
今日も、最高気温が34℃の真夏日 
最近体温がずっと37℃近くあるので、暑さで疲れています。

そんな中、昨日は、遠赤外線で温めた部屋で、フットマッサージ 
そんな動くわけでもないのに、めっちゃ汗かきました!
その後は、コンビネーションエアロと、楽トレ60分。
楽トレは、30分9,000回の腹筋だから、18,000回 
ホンマにそんなに出来てるんかなぁ 
お風呂は、1時間半ほど入り、キャビスパも!

さて、7月1~2日で行った皆生温泉旅行のお話、
そろそろ書いていこうかなぁ!
自宅を9時に出発して、1時間ほどで加西サービスエリア到着 
7.1加西PA (1)10:19

これは、朝ご飯になるのかなぁ 
7.1加西PA (3)
あんまりおなかが空いていないので、私は、山菜おろし蕎麦。
期待していなかったのですが、けっこうお蕎麦がしっかりしていておいしかったです!

7.1加西PA (2)
彼氏は、播州ラーメン
これはイマイチ!
甘いぼんやりしたスープで、ラーメンらしからぬ代物でした。

お昼頃、蒜山高原サービスエリア〔下り〕到着 
7.1蒜山PA (1)12:16

7.1蒜山PA (2)
私は、食べたかったジャージーソフトクリーム
チョコとのMIXもあって、チョコ好きの私としては迷ったんですが、
やっぱり蒜山ジャージー牛のミルク味を
シンプルに味わうために、プレーンなソフトにしました!

7.1蒜山PA (3)
彼氏は、ホルモンカレー

7.1蒜山PA (4)
これから行く金持ち神社にお参り出来るようになっていて、
びっくり!

7.1蒜山PA (6)
GOODSも売られていました。
商魂たくましい 

7.1蒜山PA (5)
鳥取のすなば珈琲のおみやげも売られていました。
 「スタバは無いが砂場はあるよ!」 
もうスタバが出来ちゃいましたが。

7.1蒜山PA (7)
江府ICを下りて右に進みます。
左に行くと、奥大山。 

7.1根雨14:07_resized
根雨宿の標識
『日野町根雨は鳥取県の西南部に位置し、日野川の中流域の宿場町である。
米子より日野川に沿って遡ってきた出雲街道は、
根雨から四十曲峠を経て津山に向うが、根雨からさらに日野川を遡り
石田峠を越えて新見、高梁を経て倉敷・岡山にいたる日野往来との
分岐点の宿場であった。
このように根雨は交通上の要衝であったことから宿場町として、
松江藩の参勤交代の道として、ここに茶屋本陣(七里茶屋)が置かれていた。
根雨宿の家数・人数は寛政8年(1796)134軒、
弘化3年(1846)126軒、嘉永6年(1853)656人であった。
ヤマタノオロチ伝説につながるタタラ(鑪)と言われる
山陰の鉄山稼業は、島根県の斐伊川筋の出雲南部で盛んであったが、
鳥取県でも西伯耆の日野川流域中・上流部が鉄山地として栄えた。
日野地方の鉄鋼は700年もの昔から生産されていたが、江戸時代に
なると需要の高まりとともに、有力な鉄山師たちが活躍した。
江戸中期を過ぎるころになると、この地の鉄鋼は大坂市場で
極最上品と珍重された。
そこへ安永8年(1779)現近藤家二代目の近藤喜兵衛
製鉄事業に乗り出してきた。
この地方の歴史を見るには「たたら製鉄」と近藤家なしには語れない。
近藤家は18世紀中頃に備後からここ根雨に移住してきたもので、
タタラ製鉄の資料は、根雨の近藤家に残る文章を除いては
殆どまとまったものは存在しない。
「ここに名高き伯州の根雨の豪商近藤さん、日本全国第一の
製鉄事業を起こされて…」と金次節に、また、田植え歌にも
「大山の一なる鳥居は誰寄進、根雨の近藤さんの寄進やろ」
と歌われている。
ここ日野川やもう一つ西の斐伊川砂鉄の宝庫だったという。
タタラ製鉄の砂鉄を採るのは「鉄穴(かんな)流し」と言われる
山の土砂を崩し、水を流して土砂と砂鉄を選別する。
選別された砂鉄は木炭で加熱された溶解炉に入れられ、タタラの
送風により高温にして溶解され鉄分が取り出された。
この砂鉄の選別で大量の水が土砂とともに下流に流れる。
山が崩れ洪水が起こり下流の田畑は荒れる
古事記」記載の出雲の伝説スサノオノミコト
ヤマタノオロチ退治は、そんな下流農民が鉄山師に勝った記録
かも知れないし、願望だったのかもしれない。
オロチの体内から剣が出るのは誠に象徴的なことだ。
幕末には中国地方の生産高は全国の九割を占めたと言われている。
明治7年には中国5県の生産高は全国の96%であったが、
鳥取県では近藤家の生産高がもっとも多かった。
最盛期の明治の初めには鉄穴385ヶ所・製鉱場35ヶ所に上がり
「一ヶ所のタタラは1000人を養う」といわれた。
しかし、大正頃から輸入鋼に圧迫され始め、昭和20年までに
タタラの景観は全く消え去った。
町並みは殆ど寒さに強い赤味の石州瓦で葺かれている。
町並みを形成する伝統的な民家は切り妻造りの二階建て、
赤い石州瓦葺き、平入り、格子、一部虫籠窓、
白又は黒の漆喰壁で煙だしのある家、
袖卯建のある家
などであった。
近藤家の製鉄事業の開祖は二代目の近藤喜兵衛からで
安永8年(1779)に最初の製鉱所を創設している。
7.1根雨2
近藤家は片方入り母屋造りで、もう一方は土蔵を取り込んでいた。
二階建て、黒漆喰の長い虫籠窓、格子、出格子、赤味のある
石州の桟瓦葺き、煙だしもあり、手入れのいい見越しの松が
白い土塀の上からのぞき、町並みの景観に寄与していた。
道の両側の水路に清らかな水が勢いよく流れ、各家ごとに
イケスをつくり、その清らかな水を取りいれて赤や白、黒の鯉
を飼っておられる。
根雨の神社、寺院には必ず近藤家の寄進と書かれた鳥居や
常夜燈が多くあり、近世の根雨の歴史は近藤家の歴史でもあるようだ。』という。

根雨のタタラと、ヤマタノオロチ伝説、大変興味深いです。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 






スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索