FC2ブログ
 

災害時に、「農協の飲めるごはん」!

災害時に、「農協の飲めるごはん」!

今日の神戸は、お昼まで曇。
午後3時から雨マークがついています。
昨日の夜、たくさん降っていた雨も、今は止んでいるのか、
静かです。

台風24号、まっすぐ神戸にもやってきそうですね!
どこにも被害がなければいいのですが。

そんな中、JA北大阪から、「飲めるごはん」
が発売されるそうですね!
日本農業新聞によると、
https://www.agrinews.co.jp/p44915.html
『大阪府のJA北大阪は、自然災害などで水道、ガス、電気が
止まった状況でも熱や水を加えず手軽に栄養と水分補給が
できる缶入り穀物飲料を開発し、8月から販売を始めた。
地元産米を活用した飲料で、商品名は「農協の飲めるごはん」。
飲めるご飯
非常食や保存食として提案し、受注生産も請け負う。
全国のJAなどにも活用してもらいたい考えだ。

地元の米「ヒノヒカリ」と国内産のハトムギ、小豆を
主原料に開発した。
1缶(245グラム)当たりの熱量は150
キロカロリーで、保存期間は5年間

嚥下(えんげ)能力が弱くなった高齢者も摂取できるよう、
とろみのある飲料にした。
アレルゲン特定物質27品は使わない。
「梅・こんぶ風味」「ココア風味」「シナモン風味」を用意した。

受注生産では、米を送ってもらえば、JA名などを表示した
オリジナルの容器にして納品する。
3万缶から対応する。

JAの木下昭男組合長は「近年、災害が頻発し、万が一の
備えは欠かせない。
各地のJAなども地域の米を活用して商品を作り、地元の
自治体などに備蓄用食品として提案できれば、地域の農家、
農業、防災の強化に貢献できる」とアピールする。
受注生産は、注文から納品まで2~4カ月程度かかる。
費用は1缶当たり150円で、想定する小売価格は
1缶250円前後。』だという。

とってもGOODな非常食ですね 
乾パンとかは、マズくて、口の中が乾きそうな上に、
おなかが満たされなさそう!
これだと、お米なので、多少腹もちもいいでしょうし、
水分を多く含んでいそうなので、これだけでも食べられそう 
是非、非常食に買っておきたいです!
と思って、検索してみたら、すでに、缶入りおかゆは、
Amazonなどで売られているんですね!
知らなかった~~!
少し割高な気はしますが……。

昨日のお昼ご飯は、なんとなく、オリジナルうどん 
P1020123_resized.jpg
きのこと、ミンチなどの、豆乳カレーうどん!
具が沈んじゃって、よく見えていませんが……。
なかなかおいしかったですよ!

P1020125_resized.jpg
晩御飯は、野菜たっぷり湯豆腐と、ブリの塩焼き、
たこと野菜のマリネ、明太子&もみ海苔ご飯。
おいしかったで~~す!

今日、台風が来ても、電気も、ガスも、水道も、
止まりませんように!

昨日は、10月頭に行く、温泉旅行の旅程が、
やっと決まりました~~!
温泉地に行くと、わりと鄙びたところが多いせいか、
観光地を見つけるのに苦労するんです。
お寺や神社ばっかり行きたいわけじゃないし~~!
車で行ける温泉で、テキトーな所を探すのも、
けっこう苦労します。
どこに行こう 
と思って、検索するのじゃないので、
しらみつぶしに探すのは、ホント、時間と労力がいりますね!
そして、また夜更かしです……。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索