FC2ブログ
 

初名古屋旅行Vol.21、熱田神宮、信長塀、宝物館、宮きしめん

初名古屋旅行Vol.21、熱田神宮、信長塀、宝物館、宮きしめん

今日の神戸は、台風一過の晴れ!
昨日は、台風の中心が通り過ぎてから、やっと
台風らしくなった、とういうか、夜の9時くらいから
強い風と、雨がたくさん降り出した感じ。
電車も止まって、お店も閉まっていて、せっかくの日曜日なのに、
残念ですね!
前回の台風で、思わぬ被害を受けた場所が多く、
港の方も、防潮堤を閉めたりして、出来る限りの対策を
取っていたようです。
TVを見ていても、お年寄りなどは、早めの避難をされていた
ようで、ご無事で何より 

ただ、警戒されていても、今回も多くの方が、被害に
遭われました。
本当に、抵抗の出来ない自然災害は、恐いですね!
お見舞いも仕上げます・

昨日は、午前中に、化粧品の配達があるはずだったので、
早起きして待っていたのですが、別に午前中、台風の影響
もなく、雨も降ってないし、日付け指定だったので、
ずっと最寄りの店舗に留め置かれていたものなのに、
何で届かないの 

その前日に、冬用に羽毛布団(新品)を、ヤフオクでGET
して、配達してもらったんだけど、やっぱ商品、
重くて、固い!
安い商品なので、しょうがないと思うんだけど。
でも、おっきいサイズで、柄は、とってもかわいいんです!

昨日は、ずっと家にいて、台風情報にかぶりつき 
旅行の準備しようと思っていたんだけど、まだ出来ていません。
ブログを書き始めて、眠たくて眠ってしまいました。

さて、名古屋旅行、続きのお話は、熱田神宮、
こころの小径
を巡ったあと、地図を見ながら、
信長塀を探しました。
熱田神宮 (33)9:39_resized
織田信長も桶狭間の戦いの前に、
必勝祈願に訪れてから出陣したとされ、勝利のお礼に
「信長塀」を寄進したというエピソードが残されています。
土と石灰を油で練り固め、瓦を多数積み重ねたもので、
京都・三十三間堂の「太閤塀」、
兵庫・西宮神社の「大練(おおねり)塀」

と並んで、日本三大土塀の一つに名を連ねています。
永禄3(1560)年に造られてから一度も崩れていないこともあって
“建築の無事”や“出世運”などのご利益を
期待する人もいるそうです。

熱田神宮 (34)_resized

熱田神宮 (35)9:44_resized
宝物館  
とにかく暑いのと、歩き疲れて座りたいのとで、ささやかな
入場料を払って、宝物館に入りました。
彼氏も、かなり腰が痛そうで、へばっています。
私が、宝物館の中を1周する間、椅子に座っていました。

熱田神宮 真柄太刀
入ってすぐにある「真柄太刀(まがらたち)」と呼ばれる大太刀。
刃長221.5cmもあり通常の刀の約3倍 
元亀元(1570)年の姉川の合戦で戦死した
真柄十郎左衛門が使っていたものだそうです。
こんな長い刀を、本当に振り回せたのでしょうか 

熱田神宮 (36)10:13_resized
宮きしめん
大正12(1923)年創業のきしめん製造会社である宮商事
株式会社が営む老舗きしめん店。
エスカで初日に食べたきしめんも、おみやげに買って帰った
きしめんも、ここのものですね!
きしめんの種類はいろいろあって。「宮きしめん(赤つゆ)」
(650円・税込)は、厳選素材でとったダシの香りと醤油の
相性が抜群で、名古屋人にとっての定番なのだとか。
白醤油をベースに薄口醤油や鰹削り節・鯖節・昆布などの
合わせダシを加えた「白つゆ」は、上品な味わいの澄ましつゆ。
メニューによって赤と白が使い分けられているそうです。
熱田神宮の“宮”の字を宮司さんにもらって命名されたという、
由緒ある宮きしめん。
かまぼこに“宮”の字が入っているそうです。

熱田神宮 きよめ茶屋
清め茶屋
名物は、「きよめ餅」だそうで、江戸時代中期に売り出して
評判となったとか。
こしあんを柔らかい羽二重餅でくるんだもので、
餅はつるんと柔らかく、あんは上品な甘さだそうですよ!
抹茶ときよめ餅のセットで、500円(税込)だそうです。



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 




スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索