FC2ブログ
 

初名古屋旅行Vol.24、桃厳寺、名古屋大仏

初名古屋旅行Vol.24、桃厳寺、名古屋大仏

今日の神戸は、曇。
にわか雨の可能性もあるようです。
また週末、台風の影響が心配ですね!

昨日の夜、旅行から帰って来ました~~!
眠たかったので、一旦寝て、またさっき起きだしました。
留守中に、ご訪問くださったみなさま、ありがとうございました!

さて、名古屋旅行、続きのお話は、あつた蓬莱軒
ひつまぶしを食べるのをを諦めて、桃厳寺へ向かうことにしました。 
桃厳寺 は、地下鉄名城線の本山駅から
歩いて5分のところにあります。
桃巌寺 (1)12:24_resized
名古屋市にある曹洞宗の寺院・桃厳寺。
開基は天文年間で、末森城主であった織田信行
父・信秀の菩提を弔うために建立しました。
桃厳寺という名前は信秀の法名「桃巌道見大禅定門」にちなんだもの。
正徳2年(1712)、正徳4年(1714)に現在地に移ったと伝えられています。
ご本尊は恵心僧都作とされる聖観世音菩薩像
信秀所有と伝えられる辯天画像や、竹生島から勧請した
十五童子像を守護神として祀っているそうです。

桃巌寺 (2)_resized

桃巌寺 (3)_resized

桃巌寺 (4)_resized

桃巌寺 (5)_resized
裸辯天や歓喜仏、直径1mの木魚など見どころは
たくさんあるそうですが、本堂にはお邪魔せず。
木魚は日本一の大きさを誇り、樹齢100年のクスノキで作られているとか。
片手で触れるだけ悪業が消滅すると伝えられているそうです。
珍しい「ねむり辨天」も年に2回公開されているそうですよ!

桃巌寺 (6)12:29_resized
本尊10m、台座高さ5mと全長15mの大仏様。
青銅製で、本尊は仏師・長田晴山作だそうです。
大仏像によくある蓮の台座ではなく、10頭の象が本尊を支える形
となっています。
全身は鮮やかなグリーンで彩られ、目、唇、耳等には金箔が
施されています。

桃巌寺 (7)_resized
なんだか、名古屋大仏をちらっと見て、後はスルー 
彼氏は、腰がしんどそうで、椅子に腰かけていました。
虫がいっぱいいて、座っていたら、噛まれそう! 
そそくさと退散 
ここは、順調に、あつた蓬莱軒でご飯を食べられたら、
次のトヨタ産業技術記念館に行くための調整のために
入れた場所なので、そんなに無理して来なくてもよかったのに!



ブログランキングに参加しています
 クリックしてね! 



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索